グランデ島

山地のジャングルと遺跡
オウムのくちばしのような山
美しい自然の中を歩く観光ツアー

南米クルーズ一覧はこちら

Ilha Grande/Angra dos Reis

ジャングル探索の出発点

MSCクルーズ船が、ヴィラ・ド・アブラオのコロニアルな港に近づくにつれ、海からそびえたつ山が近づき、遠くに標高980メートルの、面白い形をしたビコ・ド・パパガイオ(Bico do Papagaio, オウムのくちばし)の3時間ほどで到着できる山頂が見えてきます。 見所はそれほどないアブラオの街ですが、島の他の場所に向かうための拠点としては好都合な場所です。
グランデ島には193平方キロにおよぶ山岳地帯のジャングル、遺跡、そして美しいビーチがあり、風光明媚な熱帯地帯でのんびりと過ごすことができます。 州立公園に指定されている島では、当局により開発は制限され、自動車の進入も禁止されています。 グランデ島の寄港地観光では、よく整備され、案内標識もはっきりとしたトレイルを歩くことが多いのですが、いくつか基本的な注意事項があります。 飲み水をたっぷりと持ち、日焼け止めと虫除けを定期的につけ直すことを忘れないようにしてください。 伝説によると、海賊ホルヘ・グレゴの船はマゼラン海峡に向かう途中で英国艦隊に撃沈されたといわれています。 この海賊は2人の娘とグランデ島へと逃げのび、農民、商人として成功しました。 ところがある日、激怒のあまり、娘の恋人を殺してしまいます。その後間もなく大きな嵐が家も農場も破壊してしまいました。 そして、取り乱したホルヘ・グレゴは島を彷徨い歩き、時に宝を埋め、やがて息絶えました。 今、宝物があるとすれば、オウムやエキゾチックなハチドリ、蝶やサルなど、密林にあふれるこの島の野生生物でしょう。

Must see places in Ilha Grande

Discover our excursions

    South Brazil

    コルコバードのキリスト像
    コルコバードのキリスト像

    ブラジルの南東部の3つの大都市サン・パウロ、リオ・デ・ジャネイロ、そしてベロ・オリゾンテは経済的な中心地の周りに三角形を作っています。



    どの都市も魅力的ですが、ブラジルクルーズでは、写真のままに美しいリオ、そして、リオと活況に湧くサン・パウロの間にあるとても美しい植民地の町パラチを訪れてみましょう。

     

    この町の北、ミナスジェライス州の中心となるベロオリゾンテ市の古いポルトガル人の街、オウロ・プレット、チラデンテス、そしてディアマンティーナが植民地時代の歴史を伝えています。 南には、パラナ州、サンタカタリーナ州、そしてリオ・グランデ・ド・スル州が広がり、アルゼンチンとの国境の辺りには壮観な イグアスの滝があります。これは 南米の偉大な自然の驚異の一つです。 クリチバから、車窓の風景が美しいセラヴェルデ急行で山肌を縫うようにして海岸線へ出ると、メーウ島でゆったり過ごしたり、フロリアノーポリス周辺であちらこちらのビーチに出かけることもできます。 市街地への距離が近いにもかかわらず、サン・パウロの400キロの海岸は、時として華やかなリオに比べて見過ごされがちです。

     

    リオ州との境界にむかって北東の地域は急速に開発されていますが、海岸の平地に長く、幅広く広がる砂浜から山を背景にしたのどかな雰囲気の入江 まで、いまだに大きなコントラストを見せています。