イリャベラ

ポルトガル植民地時代の建築物
紺碧の海と魅力溢れるビーチ
自然が守られた豪華な島

南米クルーズ一覧はこちら

イリャベラ

熱帯植物の島

イリャベラは、サントスからリオにかけてのブラジルの海岸線で最も美しい場所の一つです。 MSCクルーズの客船から一歩外へと踏み出せば、自然のまっただ中にいることに気がつきます。
標高1,370メートルの火山が作りだした島では、熱帯の密林に覆われた驚くべき山々の風景が見られます。 島の83パーセントはイリャベラ州立公園として保護され、数々の滝や美しいビーチ、紺碧の海を目当てに多くの人々がこの島を訪れます。 喧騒に満ちたグアルジャを離れると、新旧の建物のほとんどがシンプルなポルトガル植民地時代のものとなります。 この島は、サンパウロの裕福な人々の多くが海岸の目立たない場所に豪華なヨットの停泊施設やヘリコプターの着陸パッドを備えた邸宅を構える場所です。

この島の30,000人の住人のほとんどは、内陸寄りの西側沿岸にある小さなイリャベラ村(通称「セントロ」)を島の生活の中心地として暮らしています。 MSC南米クルーズの寄港地観光では、イリャベラ村に残る植民地時代の建物や、その地に影響力を持つ1806年に完成した小さなマトリス教会を訪れます。 丘の上に建つ、床がスペイン製の大理石でできた白と青のウェディングケーキのような建物から、強い日差しを避けながら、この地域の素敵な眺めを楽しむことができます。

イリャベラ村から本土に面した沿岸沿いの道を南に下ると、穏やかな海がウィンドサーファーにも人気がある小さいながら美しいビーチがあり、港へと向かう道の半ばあたりには、2番目に大きな町ペレケまでの道沿いにはバーやレストランがあります。 さらに離れた場所には、スクーナー船やジープで訪れることができるもっと魅力的なビーチがあります。

Must see places in Ilhabela

Discover our excursions

    South Brazil

    コルコバードのキリスト像
    コルコバードのキリスト像

    ブラジルの南東部の3つの大都市サン・パウロ、リオ・デ・ジャネイロ、そしてベロ・オリゾンテは経済的な中心地の周りに三角形を作っています。



    どの都市も魅力的ですが、ブラジルクルーズでは、写真のままに美しいリオ、そして、リオと活況に湧くサン・パウロの間にあるとても美しい植民地の町パラチを訪れてみましょう。

     

    この町の北、ミナスジェライス州の中心となるベロオリゾンテ市の古いポルトガル人の街、オウロ・プレット、チラデンテス、そしてディアマンティーナが植民地時代の歴史を伝えています。 南には、パラナ州、サンタカタリーナ州、そしてリオ・グランデ・ド・スル州が広がり、アルゼンチンとの国境の辺りには壮観な イグアスの滝があります。これは 南米の偉大な自然の驚異の一つです。 クリチバから、車窓の風景が美しいセラヴェルデ急行で山肌を縫うようにして海岸線へ出ると、メーウ島でゆったり過ごしたり、フロリアノーポリス周辺であちらこちらのビーチに出かけることもできます。 市街地への距離が近いにもかかわらず、サン・パウロの400キロの海岸は、時として華やかなリオに比べて見過ごされがちです。

     

    リオ州との境界にむかって北東の地域は急速に開発されていますが、海岸の平地に長く、幅広く広がる砂浜から山を背景にしたのどかな雰囲気の入江 まで、いまだに大きなコントラストを見せています。