サルバドル

ビリンバウ、カポエイラ、バロック様式の教会 
グルーヴィーなペロウリーニョ広場
リオブランコ宮殿

南米クルーズ一覧はこちら

Salvador de Bahia

アフリカとブラジルの融合

MSCクルーズ客船が停泊する巨大な港トドス・オス・サントス(オール・セインツ)を見下ろす街サルバドールは、到着した瞬間から活気が感じられる場所です。
この街はブラジルの文化的、歴史的中心地で、アフリカ系ブラジル人の文化が最も強く残り、カポエイラ カンドンブレ そして サンバ・デ・ローダ を生み出しました。 MSC南米クルーズでは、この魅力的な街の旧市街を訪れる寄港地観光をお楽しみいただけます。入り組んだ狭い石畳の通り、剥がれた紫の壁、壮大なバロック様式の教会、サッカーボールを蹴る子供たち、ラスタ、プラスチックの椅子でビールを飲む街の人、ハーブの香り、そして夕方が近づくにつれてドラムの音が高まります。

旧市街から広がる巨大な街サルバドールは、活気のあるビーチライフ、近代的な高層ビル、そしてたくさんのファベーラから成ります。 旧市街 を伝統的な中心部とするサルバドールの街は、湾の東側を占める、高さ70メートルの険しい絶壁の周りに造られ、上部と下部に分かれています。 上の町(別名「セントロ」)が街の上部を飾り、あまり目立たない下の町(旧商業中心地、別名「コメルシオ」)とは険しい道や、そびえ立つアールデコ調のラセルダ・エレベーターで結ばれています。

上の町は、この街の文化の中心地であり、ペロウリーニョ広場として知られる一帯はカラフルで、坂の多い曲がりくねった通りがあり、最も活気のある魅力的な場所です。 街のウォーキングツアーは、1979年まで使用されていた旧総督の宮殿、リオ・ブランコ宮殿が建つトメ・デ・ソウザ広場から始めましょう。 宮殿の内装は、ロココ調の漆喰仕上げ、磨かれた木製の床、そして色塗られた壁と天井の美しいものです。

Must see place in Salvador

Discover our excursions

    Reach the port

    Port of Salvador

    This section contains information on how to reach the port.

    Cruise Terminal

    Codeba
    Avenida da França, 1551
    Comércio, Salvador

    Reach the port by

    • Plane

      Salvador International Airport (Deputado Luiz Antonio Magalhães Airport)

      Travelling by car, head northeast  on to Praça Gago Coutinho, then turn left to stay on Praça Gago Coutinho and turn left once more to again stay on Praça Gago Coutinho. Continue onto Avenida Tenente Frederico Gustavo dos Santos and take the ramp signposted Salvador. The road you are on will merge into Av. Carybé. Continue onto Av. Luis Viana and then Av. Tancredo Neves and Avenida Antônio Carlos Magalhães. Take the exit on the left signposted Retiro/Centro/Cidade Baixa. Keep right at the fork and join Avenida Mário Leal Ferreira. Continue onto Avenida Presidente Castelo Branco and follow this road through the Túnel Américo Simas-D/Av. Presidente Castelo Branco. Continue along Av. Presidente Castelo Branco, then turn left onto Rua Estado de Israel and left again onto Avenida da França. Now turn left onto Rua da Suécia and finally right onto Avenida da França. The port is approximately 28 km from the airport.
      Taxis and private cars are available to take you to the Port.
      The journey takes about 40 minutes, depending on the traffic. There is also a bus service which takes about 1 hour.
      Plane

    North Brazil

    自然保護区と植民地の街
    自然保護区と植民地の街

    ブラジル北東部 は、経済ブームの恩恵を受けて人気急上昇中の地域です。



    南米で最も印象的な海岸線を持つこの地域は8つの州にまたがり、賑やかなビーチシーンや、サンバ、レゲエ、アフリカ文化の影響を受けた活気に溢れた文化が、いまだ観光により損なわれることなく残っています。

     

    海岸線に沿って進むブラジル北東部クルーズは、今なお植民地時代の面影が深く残るレシフェ、オリンダ、サン・ルイス、フォルタレザの街や、この数十年で最も開発が進んだ街マセイオやナタールなど主だった街を訪れます。 街のそれぞれ個性的なビーチのほかにも、海辺のあちらこちらに、のどかで人影の少ないリゾートが隠れています。 数百キロの沖合にあるフェルナンド・デ・ノローニャ諸島は、世界で最も美しい海洋生物保護区のひとつです。高級リゾート地にもなっている島ですが、エコツーリズムには最適な場所です。

     

    長い間旅行者に知られることのなかったブラジル最小の州、アラゴアス州とセルジッペ州でも近年急速に開発が進みました。 リオやサルバドールのようなロマンチックな雰囲気とは異なり、マセイオ州とアラカジュ州の2つの州都には美しいビーチ と、歴史的な雰囲気が漂う昔ながらのコロニアル様式の街並み が、バスならすぐの場所にあります。