サントス

落ち着きのある魅力的な中心部
コメールシオの歴史的雰囲気
サントスFCスタジアム

南米クルーズ一覧はこちら

サントス

砂糖とコーヒーの香り

サントスは、ポルトガルが初めて「新世界」に作った入植地の一つで、1535年に設立されました。
MSCの客船は、世界に向けてコーヒー、砂糖、オレンジが輸出されるラテンアメリカ最大の港に停泊します。 この街の一部は、停泊施設と内陸側に旧市街のあるサン・ビセンテ島にあり、客船は狭く深い水路を通り近づきます。 落ち着いた雰囲気が魅力の中心部は、地元の旅行客で賑わい、歴史と海に関する見どころが沢山あります。 街の中心部へと向かうMSC南米クルーズの寄港地観光では、コメールシオ通り沿いにサントスで最も有名な歴史的建物のいくつかを目にすることができます。

ファサードしか残されていないものもありますが、通りに並ぶ19世紀の商人の家の幾つかは少しずつ復元されており、精巧なタイル張りや錬鉄のバルコニーが当時の旧市街の壮麗さを忍ばせます。 MSC南米クルーズでは、地元サントスFCを訪れる寄港地観光もお楽しみいただけます。 偉大なペレがプロ生活のほぼすべてをこのクラブでプレー(1956年〜1974年)したことで広く知られ、ビラ・ベルミーロにあるスタジアムは、試合のない日に一般公開されています。

クラブの小さな博物館でペレに敬意を表し、選手用のバーや更衣室を訪れる、1時間のガイド付きツアーに参加することもできます。 サントスのビーチは、セントロから街を横切った島の南側にあります。 夏には大西洋に面したサントス湾の周辺に拡がる広大なビーチを多くの人が訪れます。

Must see places in Santos

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

Reach the port

Port of Santos

This section contains information on how to reach the port.

Cruise Terminal:

Concais S/A 
Avenida Cândido Gaffreé
Armazém 25 Interno do Porto de Santos
CEP 11013-240 Santos, SP - Brasil - Caixa Postal 15

Reach the port by

  • Plane

    From Sao Paulo Guarulhos International Airport (Cumbica):
    Travelling by car, turn onto the SP-150 Anchieta Highway as you leave the airport and then on to the SP-160 Imigrantes Highway. Taxis and private cars are available to take you from the airport to Santos Cruise Terminal, a journey that takes around 2 hours and 30 minutes, depending on the traffic. There is also a bus service from the airport to Santos Cruise Terminal. The bus journey takes about 3.5 hours.

    From Sao Paulo Congonhas Airport:
    Travelling by car, turn onto the SP–150 Anchieta Highway as you leave the airport, and then on to the SP-160 Imigrantes Highway. Taxis and private cars are available to take you from the airport to Santos Cruise Terminal, a journey that takes about 1 hour, depending on the traffic. There is also a bus service from the airport to Santos Cruise Terminal. The bus journey takes about 1.5 hours.
    Plane

South Brazil

コルコバードのキリスト像
コルコバードのキリスト像

ブラジルの南東部の3つの大都市サン・パウロ、リオ・デ・ジャネイロ、そしてベロ・オリゾンテは経済的な中心地の周りに三角形を作っています。



どの都市も魅力的ですが、ブラジルクルーズでは、写真のままに美しいリオ、そして、リオと活況に湧くサン・パウロの間にあるとても美しい植民地の町パラチを訪れてみましょう。

 

この町の北、ミナスジェライス州の中心となるベロオリゾンテ市の古いポルトガル人の街、オウロ・プレット、チラデンテス、そしてディアマンティーナが植民地時代の歴史を伝えています。 南には、パラナ州、サンタカタリーナ州、そしてリオ・グランデ・ド・スル州が広がり、アルゼンチンとの国境の辺りには壮観な イグアスの滝があります。これは 南米の偉大な自然の驚異の一つです。 クリチバから、車窓の風景が美しいセラヴェルデ急行で山肌を縫うようにして海岸線へ出ると、メーウ島でゆったり過ごしたり、フロリアノーポリス周辺であちらこちらのビーチに出かけることもできます。 市街地への距離が近いにもかかわらず、サン・パウロの400キロの海岸は、時として華やかなリオに比べて見過ごされがちです。

 

リオ州との境界にむかって北東の地域は急速に開発されていますが、海岸の平地に長く、幅広く広がる砂浜から山を背景にしたのどかな雰囲気の入江 まで、いまだに大きなコントラストを見せています。