モンテビデオ

素敵な雰囲気のシウダービエハ
活気あるプエルト市場
大統領のエグゼクティブ・タワー(Torre Ejecutiva)

南米クルーズ一覧はこちら

モンテビデオ

トレンディな街

MSCクルーズの南アメリカクルーズは、モンテビデオの港を目指します。 1726年、ポルトガルの侵略に対する要塞としてラプラタ川北岸に設立されたこの街は、その混乱と、時には暴力的でもあった時期を過ぎると、交易に優位な位置を利用して急速に成長しました。
MSC南米クルーズの寄港地観光では、モンテビデオの街を訪れることができます。 一見控えめな印象ですが、実にクールで、自信に満ちた街です。 ハバナを舞台にしたテレビドラマや映画を見たことがあるとすれば、それは、街の通りがキューバの首都にそっくりなモンテビデオのシウダッド・ビエハで撮影されたものかもしれません。

崩れかけている家と石畳の通りの間には、親近感を感じさせる一風変わった博物館やギャラリー(ほとんどは入場無料です)が散在し、そして注目すべきは大きなメルカド市場です。 シウダー・ビエハのウォーキングツアーは、モンテビデオの城塞の跡を示す、1746年に建てられた独立広場のプエルタ・デ・ラ・シウダデラから始めてみましょう。

ウルグアイの主権国家としての建国を記念する正方形の建造物は、スペインとポルトガルに対するウルグアイの独立運動を始めたホセ・アルティガスの17メートルの像と霊廟と共に広場の中央に立っています。 広場周辺には、大統領が公務を行うエグゼクティブ・タワー や、最初にタンゴが踊られた場所と言われる場所に建つサルボ宮など、さまざまな時代の建物が混じりあって建っています。 この国で最も権威ある有名なソリス劇場は、広場の南西の角に隠れるように建っています。この劇場は1986年に完成し、その後何度か改装されました。

Must see places in Montevideo

Discover our excursions

    ウルグアイ

    サーフィンとナイトライフ
    サーフィンとナイトライフ

    ウルグアイが南米のスイスと呼ばれるのも不思議なことではありません。 不幸な時代も良い時代も、ウルグアイの人々は伝統的にのんびりとした陽気な姿勢を保ってきました。そのウルグアイをクルーズで訪れます。



    サーファーに人気のある大西洋岸の人里離れたビーチ、ガウチョが手入れをした緩やかな起伏の牧歌的な土地、コロニア・デル・サクラメントの美しい通りや、モンテビデオの賑やかなナイトライフなど、南米の大国ブラジルとアルゼンチンに挟まれた場所には、とても素晴らしい国があります。

     

    「トランキーロ(平穏)」がウルグアイ国民のモットーであり、この国の美しさと人々のリラックスした優しさに触れれば、急いでこの土地を離れたいと思うことはないでしょう。 ウルグアイでは、マテ茶を飲むための魔法瓶、マテ壺、金属のストロー(ボンビーリャ)を手に通りを歩く人をどこでも見かけます。 初期のガウチョ時代からの伝統で、ウルグアイの人々はアルゼンチンの人達よりも、この茶葉だらけのお茶をたくさん飲むと言われています。

     

     

    食事の最後には、丁寧に淹れたマテ茶をテーブルで回し飲みするのが習慣です。