Ciro Pinto(チロ・ピント)

船長

チロ・ピント船長は1993年に一等航海士としてMSCカーゴの貨物船でキャリアをスタートさせました。 2シーズンの乗務後、翌1994年にはその才能と資質が認められ、MSCカーゴの貨物船の船長に就任。 13シーズンもの間、MSCカーゴの指揮を執りました。 2007年、彼にとって初のクルーズ客船、MSCメロディーの指揮官となり、現在クルーズ客船において6シーズン目を迎えます。 彼はMSCメロディーおよびリリカクラスの客船の指揮経験を有します。また、船長を務めていたMSCメロディーが海賊に襲われた際には、彼の高い能力と的確な判断によって乗客乗員全員の安全が守られました。 

MSCクルーズでの勤務歴:11年(うち船長歴6年)

(2014年現在)