クルーズディレクター

Marco Cimbaro(マルコ・チンバロ)

「好きこそものの上手なれ」といわれますが、 これはまさにマルコのための言葉。 会計学を学び、数字の世界でキャリアをスタートさせるはずであったマルコは、自分の心を偽ることができず、エンターテイナーとしての道を極めることを決意。イタリアやギリシャ、スペイン、オーストリアのさまざまなリゾートで経験を積み、チームリーダーへと昇格します。 そんな彼がMSCシンフォニーにチーフエンターテイナーとして乗務したのは1996年のこと。それ以来、2000年に自らのスキルを確かなものにするため、パリの演劇学校に通いながら広報担当として働いていた時期を除き、着実にエンターテイナーとして成長を遂げていきます。 そして2003年、彼の情熱と熱心な仕事ぶりが認められ、クルーズディレクターに昇格しました。

MSCクルーズでの勤務歴18年、クルーズディレクター歴11年


(2014年現在)