クルーズディレクター

Massimo Cannoletta(マッシモ・カンノレッタ)

物心がついたころには、すでに音楽と演劇が大好きだったというマッシモ。 彼がエンターテイメント業界に足を踏み入れたのは、11年前のこと。クルーズ客船はもとよりヨーロッパ各地で音楽バンドやオーケストラ、コーラスのコンサートを手がけた経験を有し、現在も世界中の演劇や舞台を観てまわり、そこからインスピレーションを得て、エンターテイメントのプロとして芸に磨きをかけています。 人々の夢を叶えるアートのひとつとして、クルーズを心から愛し、 自らの幅広い言語能力を生かせることにも喜びを感じています。

MSCクルーズでの勤務歴2年、クルーズディレクター歴2年


(2014年現在)