MSCクルーズのシェフ

Paolo Tarantino(パオロ・タランティーノ)

MSCグループのシェフ、パオロは、フードオペレーション管理のプロ。この有能なベテランシェフは、これまでに豪華客船だけでなくホテルやレストランで、小規模から大規模までの宴会やパーティを数多く指揮・実行してきた豊富な経験を有します。

彼がMSCファミリーの一員として迎えられたのは2005年のこと。今ではMSCクルーズのシェフとして、プロのシェフチームとギャレースタッフを指揮監督します。

イタリアのミラノ出身で、幼い頃から料理の世界に情熱を抱いていた彼は、 ミラノのホテルスクールを卒業した後、調理師の道に進むことを決心。料理を学ぶことに情熱を燃やします。 まずは、ミラノの中心にある小さなパティスリーで働きながら、お菓子作りに専念します。 見習い期間を終えた彼は、料理のあらゆる分野を探求するため、自分の大好きな2つのこと、「料理と旅」を追及していくことを決意します。
まず、イタリアとヨーロッパ各地の有名な高級レストランやホテルでキャリアをスタートさせ、イタリア人や世界各国の有名シェフのもとで、料理の基本について学びます。

かねてから海へのあこがれを持っていた彼は、その後、プリンセスクルーズ、ディズニー・クルーズライン(オープニングチーム)、クリスタルクルーズなど、有名なクルーズ会社の客船のギャレースタッフとして経験を積みます。
シェフは、 「お客様の笑顔と幸せそうな姿を見ることが、私の一番の喜びです。」と語ります。

(2014年現在)