News

日本国籍を含むすべてのゲストとクルーを対象とした予防措置の強化について

2020/03/12

更新日: 2020年3月12日


WHO(世界保健機関)、CLIA(クルーズライン国際協会)および各国政府機関からの指示により、日本国籍のお客様は地中海および北欧でのヨーロッパクルーズにご乗船いただけます。ただし、カリブ海クルーズに関しては、過去14日以内に日本での航履歴を有する、乗り継ぎ(空港のみも含む)をした渡航歴を有する、もしくは滞在歴を有する場合はご乗船いただけません。


全ての乗船予定者は、下記の乗船に関する注意事項の確認が求められます: 


高リスクエリアからの乗船の拒否:


 • 過去14日以内に中国本土、香港、マカオ、イラン、台湾、韓国、ベトナム、イタリアからの渡航歴を有する、これらの地域への渡航履歴を有する、乗り継ぎ(空港のみも含む)をした渡航歴を有する、もしくは滞在歴を有する場合はご乗船いただけません。また、これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同様にご乗船いただけません。


厳重な乗船前スクリーニング:


• MSCクルーズでは赤外線カメラを使用した乗船前スクリーニングを実施し続け、乗船前に摂氏37.5度以上(華氏99.5度以上)の発熱がある、または発熱に近い状態、寒気、咳、呼吸困難の症状がある場合はにご乗船いただけません。これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同じくご乗船いただけません。 


• 乗船14日前までにコロナウイルスに感染している、疑いのある人と濃厚接触もしくは介護をした、または感染の疑いがあり経過観察中のゲストは乗船できません。


• MSCクルーズでは乗船前のスクリーニングを続け、より徹底した予防対策を実施します。


• 中国籍のパスポートを持ち、過去14日間に中国本土、香港、マカオを訪れなかった、もしくは経由をしていなく、健康状態に問題のないゲストは乗船できます。ただし、中国籍パスポート保持者もしくは感染例のある国を訪れたゲストの入国を許可していない国があります。



船内での感染病の予防処置: 


 • クルーズ期間中、ゲストおよびクルーは寄港時の乗下船の際に、都度赤外線カメラを使用して発熱の症状の有無を確認 


 • 全船にて徹底した清掃と消毒、ゲストおよびクルーにむけた徹底した手洗いとアルコール成分を含む手指消毒剤の使用の呼びかけを絶えず実施、パブリックエリアを継続的に消毒(手の接触が多い手すりやエレベーター内のボタン、ドア、レセプションデスクは徹底的に消毒)


 • 現時点では、全船において船内での新型コロナウィルスの感染の確認はされておりません。


しかし、今後の感染リスク軽減のためにゲストの皆様には下記の予防措置手順のご協力を何卒お願い申し上げます:


 • 手洗いは頻繁に行い、石鹸やハンドソープ、水を使用して20秒間洗います。小さなお子様は大人のお客様が手洗いの補助をお願い致します。石鹸やハンドソープ、水がお手元にない場合はアルコール成分を含む消毒ジェル等をご使用ください。


 • 咳、くしゃみをする時は鼻と口を覆ってください。ティッシュがお手元にない場合は上腕部で鼻と口を覆い、くしゃみ、咳をして下さい。


 • 洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。


 • 病気の症状がある他者とのコップ、グラスの飲み回しや食器用具の使いまわしをしないようにして下さい。


こちらのPDFでもMSCクルーズの予防措置をご確認できます




更新日: 2020年3月4日 


MSCクルーズは全船の乗船予定ゲストおよびクルーに対して、健康に関する予防措置を更新しました。 


強化された予防措置の決定により、全船の乗船予定ゲスト、クルーの健康と安全を確保します。 


中国で発生したCOVID-19(コロナウィルス)感染拡大に伴い、MSCクルーズでは1月24日より感染予防措置を実施し続け、今回さらなる予防措置が追加されました。 


全乗船者の健康および安全は最優先事項であり、現時点では全船において船内での新型コロナウィルスの感染者は確認されていません。 



 




全ての乗船予定者は、下記の乗船に関する注意事項の確認が求められます: 


厳重な乗船前スクリーニング:


• MSCクルーズでは赤外線カメラを使用した乗船前スクリーニングを実施し続け、乗船前に摂氏38度以上(華氏100.4度以上)の発熱がある、または発熱に近い状態、寒気、咳、呼吸困難の症状がある場合はにご乗船いただけません。これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同じくご乗船いただけません。 


船内感染予防について:


• クルーズ中、ゲストおよびクルーが寄港地にて乗下船する際には常時赤外線カメラを使用して発熱の症状の有無を確認


 • 全船にて徹底した清掃と消毒、パブリックエリアを継続的に消毒(特に手の接触が多い手すりやエレベーター内のボタン、ドア、レセプションデスクは徹底的に消毒)、更にゲストおよびクルーに向けて手洗いアルコール成分を含む手指消毒剤の使用の呼びかけを徹底して行います。


高リスクエリアからの乗船の拒否:


 • 過去14日以内に中国本土、香港、マカオ、イラン、韓国からの渡航歴を有する、これらの地域への渡航履歴を有する、乗り継ぎ(空港のみも含む)をした渡航歴を有する、もしくは滞在歴を有する場合はご乗船いただけません。また、これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同様にご乗船いただけません。


 • 過去14日以内に下記イタリアの町への渡航歴および乗り継ぎ履歴がある場合も乗船は拒否されます: カザルプステルレンゴ(Casalpusterlengo),

コドーニョ(Codogno)、カスティリオーネ・ダッダ(Castiglione d'Adda)、フォンビオ(Fombio)、マレーオ(Maleo)、ソマーリア(Somaglia)、ベルトーニコ(Bertonico)、テッラノーヴァ・デイ・パッセリーニ(Terranova dei Passerini)、カステルジェルンド(Castelgerundo)、サン・フィオラーノ(San Fiorano)、ヴォー(Vò)。 これらの地域は現在、イタリア外務省により検疫下にある地域です。この方針はCLIA(クルーズライン国際協会)のガイドラインに則ります。


 • 乗船日予定日から起算して14日以内に新型コロナウィルス感染の疑いがある人もしくは感染者との濃厚接触歴や看病履歴がある乗船予定者、あるいはコロナウィルス感染の疑いがあり、現在医療監視下にある場合はご乗船いただけません。



更新日: 2020年3月03日 14:00 (JST:日本時間)


 • 過去14日以内に中国本土、香港、マカオ、イラン、韓国からの渡航歴を有する、これらの地域への渡航履歴を有する、乗り継ぎ(空港のみも含む)をした渡航歴を有する、もしくは滞在歴を有する場合はご乗船いただけません。また、これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同様にご乗船いただけません。


 




更新日: 2020年2月29日 13:00 (JST:日本時間)


MSCクルーズでは日本から出国する日本国籍のお客様に対しての規制は行っていません。

通常通り乗船を行えます。ご旅行についての最新の情報は必ずMSCクルーズジャパン公式サイトにてご確認ください。




ゲストおよびクルーに対するさらなる予防措置の強化に関して  



更新日: 2020年2月25日 


MSCクルーズは全船の乗船予定ゲストおよびクルーに対して、健康に関する予防措置を更新しました。 


強化された予防措置の決定により、全船の乗船予定ゲスト、クルーの健康と安全を確保します。 


中国で発生したCOVID-19(コロナウィルス)感染拡大に伴い、MSCクルーズでは1月24日より感染予防措置を実施し続け、今回さらなる予防措置が追加されました。 


全乗船者の健康および安全は最優先事項であり、現時点では全船において船内での新型コロナウィルスの感染者は確認されていません。 



 




全ての乗船予定者は、下記の乗船に関する注意事項の確認が求められます: 


厳重な乗船前スクリーニング:


• MSCクルーズでは赤外線カメラを使用した乗船前スクリーニングを実施し続け、乗船前に摂氏38度以上(華氏100.4度以上)の発熱がある、または発熱に近い状態、寒気、咳、呼吸困難の症状がある場合はにご乗船いただけません。これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同じくご乗船いただけません。 


船内感染予防について:


• クルーズ中、ゲストおよびクルーが寄港地にて乗下船する際には都度赤外線カメラを使用して発熱の症状の有無を確認


 • 全船にて徹底した清掃と消毒、パブリックエリアを継続的に消毒(手の接触が多い手すりやエレベーター内のボタン、ドア、レセプションデスクは徹底的に消毒)、更にゲストおよびクルーにむけた徹底した手洗いアルコール成分を含む手指消毒剤の使用の呼びかけを絶えず行います。


高リスクエリアからの乗船の拒否:


 • 過去14日以内に中国本土、香港、マカオ、イラン、韓国からの渡航歴を有する、これらの地域への渡航履歴を有する、乗り継ぎ(空港のみも含む)をした渡航歴を有する、もしくは滞在歴を有する場合はご乗船いただけません。また、これらに該当する乗船予定者の同伴者(両親、配偶者、子ども、兄弟、同室滞在者)も同様にご乗船いただけません。


 • 過去14日以内に下記イタリアの町への渡航歴および乗り継ぎ履歴がある場合も乗船は拒否されます: カザルプステルレンゴ(Casalpusterlengo),

コドーニョ(Codogno)、カスティリオーネ・ダッダ(Castiglione d'Adda)、フォンビオ(Fombio)、マレーオ(Maleo)、ソマーリア(Somaglia)、ベルトーニコ(Bertonico)、テッラノーヴァ・デイ・パッセリーニ(Terranova dei Passerini)、カステルジェルンド(Castelgerundo)、サン・フィオラーノ(San Fiorano)、ヴォー(Vò)。 これらの地域は現在、イタリア保健医療当局により検疫下にある地域です。


 • 乗船日予定日から起算して14日以内に新型コロナウィルス感染の疑いがある人もしくは感染者との濃厚接触歴や看病履歴がある乗船予定者、あるいはコロナウィルス感染の疑いがあり、現在医療監視下にある場合はご乗船いただけません。


2020年2月7日 - アップデート



中国を発端とする新型コロナウイルスの発生を受け、1月24日よりMSCクルーズでは全船にてゲストおよびクルーの健康と安全確保を目的にさらなる予防措置の即時実施をしました。 

船内でのコロナウィルスの感染の報告はされておらず、追加された公衆衛生対策により全てのゲスト及びクルーの健康と安全を確保します。 


 

 


乗船予定のゲストは以下についてをご留意ください。


・全ての国のゲストに対して、中国本土、香港、マカオから渡航したか、または乗船予定日から遡って30日以内に中国本土、香港、マカオに滞在もしくは空港を経由した履歴があるかどうかを確認し、履歴のある場合には乗船は拒否されます。同じ規則がゲストと同乗する乗客にも適用されます(親、婚約者、子息、親戚などキャビンをゲストと共有する乗客)。



・摂氏38度以上(華氏100.4 度以上)の熱、熱に近い症状、悪寒、咳、呼吸困難等などを含む兆候や症状がみられた場合は乗船は拒否されます。同じ規則がゲストと同乗する乗客にも適用されます。


・乗船14日前までにコロナウイルスに感染している、疑いのある人と濃厚接触もしくは介護をした、または感染の疑いがあり経過観察中のゲストは乗船できません。


・MSCクルーズでは乗船前のスクリーニングを続け、より徹底した予防対策を実施します。


・中国籍のパスポートを持ち、過去30日間に中国本土、香港、マカオを訪れなかった、もしくは経由をしていなく、健康状態に問題のないゲストは乗船できます。ただし、中国籍パスポート保持者の入国を許可していない国があります。現時点ではシンガポール、台湾、マレーシアの港とタイです。このリストは今後の政策で変更する可能性があります。


ゲストで上記の国への入国が規制される方は旅行代理店にお問い合わせください。



中国でのコロナウイルスの発生からMSCクルーズは各エリアで運行するクルーズ船の公衆衛生と安全についてをモニタリングしています。またMSCクルーズは国際機関と各国の管轄機関と連絡を取り、対応について従っています。





ジュネーブ・スイス 2020年1月31日- 新型コロナウイルスの発生を受け、MSCクルーズではゲストおよびクルーの健康と安全確保を目的にさらなる予防措置の即時実施をしました。 

MSCクルーズは1月24日より予防措置を実施し続けています。本日、コロナウィルスの拡大を受け追加の公衆衛生対策を全船で実施することを決定しました。


船内でのコロナウィルスの感染の報告はされておらず、追加された公衆衛生対策により全てのゲスト及びクルーの健康と安全を確保します。 


・全ての国のゲストに対して必須となる乗船前アンケートを実施し、中国本土から渡航したゲストであるか、乗船予定日から遡って30日以内に中国本土に渡航履歴があるかどうかを確認します。中国本土から渡航した、または乗船予定日から遡って30日以内に中国に渡航していた履歴がある場合、乗船は拒否されます。 

(2020年2月7日追記:香港及び、マカオからの渡航または渡航履歴のあるゲストも同様の対応となります。)


・全船で乗船前に非接触サーマルスキャンを全てのゲスト、クルーへ実施することを必須とし、摂氏38度以上(華氏100.4 度以上)の熱、熱に近い症状、悪寒、咳、呼吸困難等などを含む兆候や症状がみられた場合は乗船は拒否されます。 


・より徹底した衛生対策を全船にて実施 


・ゲストに熱の症状が見られた場合、宿泊しているキャビンに隔離し、同室に滞在のゲスト、ゲストの家族、ゲストに濃厚接触があったと思われるクルーメンバーにも同様の対策を実施 



これらの対策は先週よりすでに実施されている対策に続いて行われます。過去1週間、中国本土から渡航した履歴があるゲスト、クルーに対してはすでに症状がないかの乗船前スクリーニングが実施されており、いかなる病気の症状が見られた場合は船内のメディカルセンターにて受診をするように求められています。 中国での新型コロナウィルスの発生以来、MSCクルーズでは配船されている全エリアの全船にて公衆衛生および安全状況の注視を続けています。さらに、MSCクルーズは国際保健機関、現地の保健機関と密に相談を続け、各機関からの勧告、忠告に遵守します。