News

2022年シーズンに向けフォーミュラ1とMSCクルーズがグローバルパートナー契約を締結

2022/03/23

2022年3月21日- MSCクルーズとフォーミュラ1は2022年シーズンへ向けグローバルパートナー契約を締結しました。この契約は2022年シーズンのF1バーレーングランプリ (FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2022で) より複数年契約として開始され、スイスを拠点とし世界最大かつ最も急速に成長しているクルーズブランドのひとつであるMSCクルーズがフォーミュラ1の公式クルーズパートナーとなることが決定しました。 


MSCクルーズとフォーミュラ1の協力は、一部のグランプリ開催期間中に最新鋭かつ魅力溢れるクルーズシップを開催地付近に寄港させ、F1のハイエンドな体験を更に豊かにし、自社ブランドを世界的に認知させることを目的としています。 この素晴らしいパートナーシップにより、MSCクルーズは世界中のF1ファンの皆様に質の高い洋上のクルーズ体験を幅広く提供し、世界100カ国以上に就航し185カ国以上のゲストを受け入れているMSCクルーズのお客様にはF1のスリルをご満喫頂けます。 さらにそれぞれの分野で世界をリードするMSCクルーズとフォーミュラ1の協力は、持続可能な未来に向け両社で脱炭素化を目指し、最先端の環境技術やソリューションの開拓に向けた取り組みを推し進めます。 


フォーミュラ1社長兼最高経営責任者であるステファノ・ドメニカリ氏はコメントし、 「MSCクルーズがフォーミュラ1の新たなグローバルパートナーとして発表され、真のグローバルブランドである2社が一つになったことを嬉しく思います。我々2社は世界中のファンやお客様に最高の体験をお届けすることに重点を置き、エンターテイメント、ラグジュアリーやサービスを融合させた完璧なパートナーシップを築くことができました。また両社は持続可能な解決策に取り組んでおり、MSCの今後の指標と専門知識は弊社のグローバルサービスを完璧にサポートし、ブランド力をさらに高めてくれることでしょう。」と述べました。


MSCクルーズエグゼクティブチェアマンのピエールフランチェスコ・ヴァーゴはコメントし、 「フォーミュラ1との間には持続可能な方法で産業の未来を築くために、次世代技術(海上技術と環境技術の両方)の開発とその適応に向けた研究を加速するための投資へ強い志を共有しています。また、両社は将来に向けた永続的な遺産を築くという明確なビジョンを持ち、環境パフォーマンスを継続的に向上させるための取り組みを推し進めます。この素晴らしいシーズンが展開される中で、共に関係を発展させることを喜ばしく思います。」と述べました。 



フォーミュラ1®について 

1950年に開始したフォーミュラ1®レースは、世界で最も権威のあるモーターレース競技であり、毎年開催されるスポーツシリーズの中でも最も人気があります。F1世界選手権 (Formula One World Championship Limited) はフォーミュラ1®の一部であり、FIAフォーミュラ1世界選手権™の独占的商業権を保有しています。フォーミュラ1®はフォーミュラワングループ (Formula One Group)のトラッキングストックに帰属するリバティメディア (NASDAQ: LSXMA, LSXMB, LSXMK, BATRA, BATRK, FWONA, FWONK)の子会社です。F1ロゴ、F1 FORMULA 1ロゴ、FORMULA 1、F1、FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP、GRAND PRIX、PADDOCK CLUBおよび関連マークは、F1企業であるFormula One Licensing BVのトレードマークです。無断転載を禁じます。 



MSCグループ クルーズ部門ついて 

MSCグループ(本社:ジュネーブ・スイス)は300年以上の歴史を誇る、非上場企業として世界最大級の海運会社です。MSCグループではクルーズ部門を展開し、コンテポラリーブランドとラグジュアリーブランドの2つから形成されるクルーズブランドです。 MSCクルーズは世界第3位の規模を誇るクルーズブランドであり、ヨーロッパをはじめ、南アメリカや中東、南アフリカにおけるマーケットリーダーであり、カリブ海、北米、アジア市場でのプレゼンスを高める最も成長率が高いグローバルクルーズブランドです。 


現在MSCクルーズは19隻の客船を保有し、2025年までに保有船数を23隻まで増船し、2030年までに新造船6隻以上を建設する大幅投資計画を決定しました。 MSCクルーズのルーツであるヨーロッパからインスピレーションを受けた船内では国際色豊かなダイニング、世界トップクラスのエンターテイメント、受賞歴を誇るファミリー向けプログラム、ユーザーフレンドリーなテクノロジーをお楽しみいただけます。クルーズスケジュール、船内紹介に関する詳細はこちらをご覧ください。


一方、MSCグループの新たなラグジュアリーブランドであるExplora Journeys(エクスプロラ・ジャーニー)は、最新かつ最先端の環境と海事技術を搭載した客船で2023年に運航を開始する予定です。第一隻目となる船は総トン数63,900トンで、洋上最大のスイートルーム461室を備え、すべてのお部屋にオーシャンフロントのバルコニーまたはテラスを設置予定です。このラグジュアリー船は、革新的なデザインに加え、さまざまな新しいゲスト体験やアクティビティ、広々としたパブリックスペースなどを提供します。Explora Journeysの詳細はこちらをご覧ください。


MSCクルーズではゲスト、クルー、寄港先のコミュニティーの健康と安全を最優先に考え、新たに衛生・安全に関する包括的プロトコルを導入し、2020年8月、大手クルーズ会社として初めて運航再開を実現しました。MSCクルーズ衛生と安全に関するプロトコルの詳細はこちらをご覧ください。 


MSCクルーズは長年にわたり環境への責務を果たし、ゼロエミッションオペレーションを長期的な目標として掲げてきました。海洋環境保護を可能にする次世代テクノロジーへの大幅投資を継続し、クルーズ業界全体でのテクノロジーの発展と浸透を目指します。環境保護への取り組みに関する詳細はこちらをご覧ください。


MSC基金、MSCグループの環境、人権保護への取り組みに関する詳細はこちらをご覧ください。 



本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)