News

MSCクルーズがMSCシービューでキール港からのドイツ発のクルーズを再開

2021/07/06

  • MSCシービュー初となるドイツ・キール港からの出航がMSCクルーズの夏の北欧クルーズの運航再開に
  • MSCシービューが7隻目の運航を再開したクルーズ船、更に3隻が運航再開予定 
  • 姉妹船MSCシーサイドの寄港地にフランスのマルセイユが加わり、より充実した西地中海航路に

 
ジュネーブ, スイス, 2021年7月5日 – MSCシービューがドイツのキール港を出港し、MSCクルーズの夏季北欧クルーズが開始しました。MSCシービューはバルト海にて7泊のクルーズを運航します。現在MSCクルーズでは合計7隻のクルーズ船が運航再開を果たし、更に3隻のクルーズ船の再開が予定され、夏季シーズンの終わりには保有船の半分が運航再開をする予定です。


MSCシービューは10月までキールをホームポートにドイツ国内外のゲストを迎え、スウェーデン最大の島の一つであるゴットランド島のビスビュー、スウェーデンの首都ストックホルム近郊のニュネスハムン、エストニアの首都タリンを巡り北ドイツの拠点に帰港します。7月23日からは人気の高い海辺のリゾート地であるドイツのヴァーネミュンデ港が寄港地に加わり、乗下船に加えて寄港地観光も更に充実します。MSCクルーズの寄港地観光は、船上と同等の基準での衛生・安全管理が行われるため、安心してご参加頂けます。


またMSCシービューの姉妹船であるMSCシーサイドの西地中海クルーズには、フランスでクルーズが再開する初の寄港地となるマルセイユが加わります。


現在MSCクルーズの客船は、MSCグランディオーサ、MSCシーサイド、MSCオーケストラ、MSCスプレンディダ、MSCマニフィカの5隻が地中海で運航をし、また6隻目となったMSCビルトゥオーサがイギリス在住のゲスト限定で英国周遊クルーズに就航しています。



今後の運航再開予定 

MSCメラビリア:8月2日よりマイアミ発のカリブ海クルーズに就航

MSCディヴィーナ:9月18日よりオーランド近郊ポートカナベラル発のカリブ海クルーズに就航 

MSCシーショア:8月より西地中海クルーズに就航