News

MSCベリッシマがジェッダ発のサウジアラビアと紅海クルーズを延長 2022年4月より日本での運航を予定

2021/09/21

ジュネーブ, スイス - 2021年9月17日 - MSCクルーズはMSCベリッシマで巡る夏のサウジアラビアと紅海クルーズを2021/2022年の冬期シーズンまで延長する事を発表しました。
 
今年7月にサウジアラビアのジェッダから就航を開始して以来、MSCベリッシマと同地域の航路は大変好評を頂いており、今後も配船を続けることで充実した冬のクルーズ体験をゲストにご満喫いただけます。これによりMSCベリッシマは今年度冬に就航する予定だったMSCマニフィカに代わり同地域での運航を継続することになります。
 
MSCベリッシマは2021年10月30日よりジェッダを出発し、ラス アル・アビヤド、ペトラ近郊アカバ(ヨルダン)、ルクソール近郊サファガ(エジプト)、アルワジュとヤンブー(サウジアラビア)に寄港する7泊のクルーズに就航します。 


MSCベリッシマは2019年に初就航したMSCクルーズの最新船のひとつで、革新的で近代的な施設を備えお客様に豊かで多彩な船内体験を提供します: 


    • 3つのデッキにまたがる豪華な宿泊施設、プライベートエリア、24時間対応のバトラーサービスを備えたMSCヨットクラブをご満喫頂けます。 

    • 12のダイニング施設と20以上のラウンジにはフランス料理専門店「アトリエ・ビストロ」、人気のアメリカンスタイルのステーキハウス「ブッチャーズ・カット」、鉄板焼きと寿司バーの「カイト」など多種多様なお食事をご堪能いただけます。 

    • 有名なパティストリーシェフであるジャン・フィリップ・モーリーによるチョコレート&カフェは、ユニークでエレガントなチョコレート作品とデザートに特化しており、甘いものが好きなゲストにはたまらないお店です。 

    • 受賞歴のある家族向けサービスを体験できるファミリー専用のデッキエリアでは、LEGO社とChicco社が提供するキッズアクティビティやサービスをお楽しみ頂けます。 

    • ロンドンシアターとカルーセルラウンジの2つのエンターテイメント施設では、オリジナルの劇場作品やライブエンターテイメントをご鑑賞頂けます。 

    • 長さ80メートルのLEDスカイスクリーンと船内のソーシャルハブとしてデザインされた全長96メートルの地中海スタイルのプロムナードでは、ショップ、バー及びレストランが併設されています。 

    • ゲストのためにデザインし建造されたあらゆるニーズを満たす快適で革新的な客室は、10種類のキャビンからお好みのお部屋をお選び頂けます。


MSCベリッシマに搭載された環境保護技術 

最新テクノロジーを提供するだけでなく、MSCベリッシマには環境への負荷を削減するための多くの環境機能と革新的な技術が搭載されています。船には排ガス浄化システム、高度な排水処理システム、 機械室から熱を回収するスマートヒーティング、換気および空調システム(HVAC) 、大幅な省エネルギーを実現するLED照明とスマートデバイスを搭載しています。これは、持続可能な方法で洋上での最高の休暇体験をお客様に提供するというMSCクルーズのコミットメントの一環です。


MSCベリッシマ冬期2021/22クルーズ就航後のスケジュール 

MSCベリッシマは2022年3月下旬に紅海クルーズを終えたのち、4月21日より横浜から日本発着クルーズに就航する予定です。MSCベリッシマで巡る2022年の日本発着クルーズの航路は順次発表予定です。 詳細につきましては旅行代理店様へお問い合わせください。



MSCベリッシマについてはこちらをご確認ください