News

MSCクルーズが2021年夏季シーズン地中海・北欧クルーズの最新スケジュールを発表

2021/04/21

  • 現時点での港の受け入れ再開状況を反映した最新スケジュールを発表
  • 各船に追加の乗船港を取り入れ、より家に近い港からの乗船が可能に。地中海クルーズだけでも最大15港の乗船港から選択可能
  • 今後の港湾や観光地の受け入れ態勢に準じて、航路を更に充実し、追加も予定
  • MSCシーサイドのゲストはプーリア州ターラントでの新しい体験、プライベートビーチ体験に参加可能

ジュネーブ, スイス – 2021年4月15日 - MSCクルーズは地中海・欧州での夏季クルーズの最新スケジュールを発表しました。休暇のシーズンに合わせてゲストは豊富な選択肢からクルーズをお選び頂けます。2020年8月以来、地中海で就航しているMSCクルーズの船で導入されている衛生と安全に関するプロトコルはすでに6万人以上のゲストを迎え入れています。2021年夏季クルーズに就航する船にもこのプロトコルが導入されます。

MSCクルーズCEOジャンニ・オノラートはコメントで、 「現時点で受け入れ可能である寄港地を反映させたスケジュールの第一弾を発表することができました。安心してご乗船いただける、心和らぐクルーズ体験を提供できることを大変嬉しく思います。MSCクルーズは、チーム一同、ゲストを再びお迎えできることを楽しみにしております。更に、近日中にはフランス、スペインを中心とする新たな寄港地や寄港地観光を追加した新しいスケジュールを発表できると確信しています。」と述べました。


下記のクルーズスケジュールのご予約の受付を開始しました(2021年6月まではシェンゲン圏の居住者のみ乗船可能)。
  
西地中海クルーズ(イタリア、マルタ)   
MSCグランディオーサ:7泊クルーズ期間中、ジェノバ、チビタベッキア(ローマ)、ナポリ、パレルモ、バレッタに寄港。バレンシアおよびバルセロナでの港の受け入れが可能になり次第寄港予定。
MSCシーサイド:5月1日より就航開始。ジェノバを出港後、新たな寄港地としてシラクーザ、ターラントが加わり、チビタベッキア、バレッタに寄港予定。マルセイユは港の受け入れが可能になり次第寄港予定。ターラントではMSCゲスト専用プライベートビーチツアーを開催し、イオニア海でのくつろぎの時間をお楽しみいただけます。
MSCシーショア: 7月末に就航する新造船は初就航地として西地中海クルーズを開始。8月1日から10月31日までの7泊クルーズ期間中、ジェノバ、ナポリ、メッシーナ、バレッタ、バルセロナ、マルセイユに寄港予定。


東地中海クルーズ(イタリア、ギリシャ、クロアチア、モンテネグロ)
人気の方面である東地中海クルーズには3船が就航し、トリエステ、ベネチア、バーリ、ピレウス(アテネ)を含むギリシャの諸島、コトル、ドブロブニク、スプリットに寄港します。
MSCオーケストラ:6月5日より就航。ベネチア(毎土曜日)、バーリ(毎日曜日)を出港後、コルフ、ミコノス、ドブロブニクを巡ります。 
MSCスプレンディダ:6月12日より就航。トリエステ(毎土曜日)、バーリ(毎火曜日)を出港後、ドブロブニク、コルフ、コトルを巡ります。
MSCマニフィカ: 6月20日より就航。乗船地はベニス(毎日曜日)、バーリ乗船(毎月曜日)、ピレウス(毎水曜日)から選択でき、ミコノス、スプリットを巡ります。


北欧クルーズ


イギリス国内クルーズ

MSCビルトゥオーサ:5月20日より就航。サウサンプトンを出港後、ジュラシック・コーストで知られるドーセット州ポートランド島を巡るショートクルーズを開始。6月12日からは7泊クルーズを開始。サウサンプトンを出港後、グリーノック(グラスゴー)、ポートランド、北アイルランドのベルファストに寄港します。当クルーズはイギリス国内居住のお客様に限りご予約を承ります。ご乗船前のワクチン接種は任意となります。ワクチン接種に関わらず、全てのご乗船予定者に対して乗船前検査が実施されます。


ドイツ、北欧クルー
ドイツ国内のクルーズ受け入れ再開に見通しが立たない中、MSCクルーズはドイツから発着するクルーズの開始を6月15日まで延長することを発表しました。 MSCビルトォーサに代わりMSCシービューがキール港を母港に6月19日より就航を開始します。 港の受け入れ再開にあわせて、MSCプレチオーサはハンブルクを母港に6月21日より、MSCムジカはヴァーネミュンデを母港に6月20日より就航開始します。 3船は7泊およびロングクルーズの期間中、ノルウェーフィヨルドとバルト海の主要港に寄港します(現時点)。


オノラートは最後に、「今夏は最もイノベーティブで時代を先取る客船が就航し、地中海、ヨーロッパの多種多様なスケジュールをご案内できることを誇りに思います。さらに乗船港を追加し、地中海方面だけに限っても15港からご乗船頂けることで、より便利にクルーズにご参加いただけます。また夏に就航する船はMSCクルーズ保有船籍の一部でありますが、2021年が初就航となる最新の2隻MSCビルトゥオーサとMSCシーショアが含まれます。クルーズが再開する次の一歩にこの特別な2隻が就航することは、休暇のためにクルーズを選択されるゲストに対して魅力的なクルーズを提供し続けていく弊社の決意を表します。来年に加わる予定の2隻の新造船計画も継続して実行し、今冬には全船の運航を再開できることを楽しみにしております。」  と述べました。