News

MSCマニフィカが西地中海・東地中海10泊クルーズを再開

2020/10/21

ジュネーブ・スイス 2020年10月21日 - MSCマニフィカは10月19日に運航を再開し、ジェノバ(イタリア)よりゲストをお迎えしました。8月のMSCグランディオーサの運航再開に続き、MSCマニフィカが運行の再開を果たした2船目となりました。 


MSCマニフィカは西地中海・東地中海10泊クルーズに就航し、ジェノバを出港後、リボルノ(フローレンス/ピサ)、メッシーナ(シチリア)、ピレウス(アテネ)、カタコロン(オリンピア)、バレッタ(マルタ)、チビタベッキア(ローマ)に寄港し、ジェノバに戻ります。MSCマニフィカは年末まで就航し、12月18日発クリスマスクルーズ(8泊、ジェノバ発)を含むロングクルーズ6本を運航する予定です。  


MSCマニフィカはMSCクルーズ独自の衛生と安全に関する包括的プロトコルが実施される2船目となります。プロトコルは外部の医療専門家からの承認を受け、また関係諸国・自治体より正式に承認されたものであり、ゲスト、クルー、寄港するコミュニティーの安全を確保することを目的に作成されました。安全を第一に考慮した対策はMSCグランディオーサの運航再開時に初めて適用されました。MSCグランディオーサは8月に主要な客船として世界で初めての運航再開を果たし、現在7泊クルーズの9周目に就航する中、プロトコルが効果的に適用されていることを実証してきました。対策の一部として、寄港先での下船はMSCクルーズが主催する寄港地観光に限定して実施されています。 


MSCクルーズの衛生・安全に関するプロトコルでは、クルーを含む全乗船者を対象にした乗船前COVID-19検査、船内の清掃・消毒の強化、ソーシャルディスタンスの管理、パブリックエリアでのマスク着用、接触、接近確認テクノロジーの活用などが実施され、初期段階では、船内でのソーシャルディスタンスを確保するため、船内の収容人数を7割まで減らして運航しています。