News

MSCクルーズとマーサ・スチュワート 新たな独占的パートナーシップ締結

2019/05/07

  • 本物志向の地元料理と隠れた観光スポットに焦点を当てた、オーダーメイドのカリブ海寄港地観光プログラム
  • 特別な休暇のためにデザインされたセレブレーション・サプライズ・パッケージ
  • 大切な人たちとおいしい料理を楽しむというマーサ・スチュワートの情熱が反映された、特別ディナーメニューとレシピ

[2019年4月24日、フロリダ州フォートローダーデール] MSCクルーズは、ライフスタイルのエキスパートとして国際的に評価を受けているマーサ・スチュワートとパートナーシップを締結しました。洋上と陸上の両方において他にはない体験を提供することで、お客様の休暇を今まで以上に思い出深いものにします。今回のパートナーシップのテーマは「祝う」「発見する」「体験する」であり、特別企画による寄港地観光、セレブレーション・サプライズ・ギフトパッケージ、船上での特別ディナーメニューが含まれます。


「MSCクルーズはお客様に充実した体験を提供しようと努め、世界的に知られるエキスパートたちと連携して他にはない何かを共に創造しています」とMSCクルーズCEOジャンニ・オノラートは述べています。「マーサ・スチュワートの哲学と新しいものを発見することへの情熱は、MSCクルーズの理念と共通しています。今回のパートナーシップは、我々のお客様に友人や家族とのすばらしい思い出を作ってもらうためのものです。マーサの革新性、スタイル、専門知識を取り入れることにワクワクしています」


「人々に新しい経験を紹介することは、私の喜びです。MSCクルーズとのパートナーシップは、旅行・探検・発見といった人生の楽しみの本質を体現するものであり、とても興奮しています」とマーサ・スチュワートは述べています。「今回の寄港地観光を通じて、MSCクルーズのお客様にカリブ海の各デスティネーションにおける正真正銘の“隠れた宝物”を紹介します。またディナーメニューとサプライズ・ギフトパッケージには、“何かを祝うということは、こうあるべきだ”と私が信じている要素が含まれています。それはおいしい料理、良い仲間、大いなる冒険、そしてインスピレーションです。どこにいても、これらがそろっているべきだと思います」


マーサ・スチュワートとMSCクルーズによる特別な寄港地観光プログラム

第一弾として催行される寄港地観光プログラムではマーサのパッションポイント(=興味関心のあるポイント)に焦点を当てており、それと同時に、料理体験クラスや地元グルメの試食、海での乗馬体験、隠れた入り江へのハイキング、工芸品市場への訪問、地元漁師によるレッスン、美しい庭園を訪ねるツアーなど、多種多様なアクティビティを特徴としています。各訪問地のランドマークを押さえると共に、その土地ならではの観光ポイントを訪れ、地元文化に触れることができます。

第一弾では、MSCシーサイドおよびMSCアルモニアの旅程に含まれている以下の全寄港地でこの特別寄港地観光プログラムを利用することが可能です。

サンファン(プエルトリコ)、ナッソー(バハマ)、フィリップスバーグ(セントマーティン島)

シャーロットアマリー(米領ヴァージン諸島・セントトーマス島)

オチョリス(ジャマイカ)、ジョージタウン(ケイマン諸島)、

コスメル(メキシコ)、コスタマヤ(メキシコ)、ロアタン島(ホンジュラス)


2019年11月からは、MSCデヴィーナおよびMSCメラビリアの寄港地でもプログラムが利用可能となります。同じく2019年11月にはMSCクルーズのプライベートアイランド「オーシャンキーMSCマリンリザーブ」でのプログラムも予定しています。

MSCクルーズのモダンかつエレガントな客船は、ヨーロッパ流のホスピタリティに基づいた他にはない体験を提供します。お客様は、最高の地中海料理や各国料理、一流のエンターテインメント、受賞歴があり全年齢のお子様に適したファミリー向けアクティビティや船内施設、ラグジュアリーなウェルネス、そしてあらゆるニーズにお応えする快適な客室を楽しむことができます。マーサ・スチュワートとのパートナーシップに代表されるように、MSCクルーズでしか味わうことのできない本当の意味で特別な体験の数々を提供します。


これらの特別な体験には、ライブエンターテインメントの世界的リーダーであるシルク・ドゥ・ソレイユによる“洋上のシルク・ドゥ・ソレイユ”も含まれています(メラビリアクラスの客船で鑑賞可能)。またMSCクルーズは6名の世界的シェフとタッグを組み、世界各国の高級料理を提供しています。これらに加え先月には、音声対応技術を専門とするハーマン社と共同で開発した世界初のバーチャル・パーソナル・クルーズアシスタントZOE(ゾーエ)をMSCベリッシマに搭載しました。ハーマン社はアマゾン社、グーグル社、マイクロソフト社等の技術リーダー向けの音声ソリューションも手がけています。

マーサ・スチュワートと提携した寄港地観光プログラムは、2019年6月1日より、MSCシーサイドとMSCアルモニアでスタートします。


マーサ・スチュワートについて

マーサ・スチュワートはエミー賞を受賞したテレビ番組のホストを務めたことがあるほか、企業家、94冊の著作を持つベストセラー作家、アメリカ国内で絶大な信頼を寄せられているライフスタイル・エキスパートです。また、家庭料理、娯楽、ガーデニング、家屋のイノベーション、物の収集、収納、ハンドメイド、休暇の過ごし方、健康的な暮らしやペットなど、幅広いジャンルに関する“ハウツー”の情報源として、何百万人もの人々に頼られる存在です。マーサ・スチュワートのブランドは、あらゆるメディアおよび販売促進プラットフォームを通じて、毎月約1億人の消費者に届けられています。彼女のブランドの製品は7000万以上の家庭で使用されており、その存在感はますます大きなものとなっています。

 

 

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先

 

株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部/担当 富岡

106-0032 東京都港区六本木3丁目327号スハラ六本木ビル1F

電話: 03-6230-9104  FAX: 03-6230-9107  ウェブサイト(www.msccruises.jp)