News

12月スタートMSCシースケープで楽しめる究極のアミューズメントライド 洋上のアトラクション「ロボトロン」が誕生

2022/09/05

ジュネーヴ・スイス – 2022年8月31日 – ジュネーヴ・スイス – 2022年8月31日 – 革新的な道を歩み続けるMSCクルーズは、最先端の技術を搭載した次期就航予定のMSCシースケープで楽しめる船内エンターテインメントの詳細を発表しました。今年12月にデビューするMSCシースケープは、幅広い年代のスリルを求めるゲストのために新しく革新的な体験を提供します。 


その中でも注目は、洋上のジェットコースターの様なスリルを味わえる「ロボトロン」にパーソナライズされたD Jミュージックの融合をお楽しみいただけるアミューズメントライドです。さらに、2つの新しいV R体験やその他にも多くの爽快でハイテクなエンターテインメントが誕生し、あらゆる年齢層のスリルを求めるゲストにお楽しみ頂けるよう設計しています。 MSCクルーズは新しく革新的な体験を提供する業界のリーダーであり、MSCシースケープが就航することでその水準がさらに高まります。


新しく新設されるロボトロンは最新鋭のロボットアームに3人乗りのゴンドラを取り付けたもので、海上53メートルの高さを飛行しながら水平線を360度見渡すことができるユニークな乗り物で、様々な方向へ移動したり逆さになったりと大興奮な体験をご満喫いただけます。 ロボトロンではゲストが好みの色や音楽などを選べるパーソナライズされた体験を提供します。また、ロボトロンが動く間併設するDJミキサーエリアでは、ロボトロンに乗っている人を見ながら DJミュージックを楽しめ、音のリズムとカラフルなパターンの光のビームが融合しロボットアームがテンポよく跳ね、ねじれ、回転する様子を観賞することが出来ます。また、あらゆる年代のご家族が楽しめるようにスリルレベルを選択出来ます。 


ロボトロンに加えて、MSCシースケープに登場したハイテクなエンターテインメントの詳細は以下の通りです。


• VR 360° Flight Simulator: 屋外ジェットコースターのようなスリルを味わえるこのシミュレーターは、VRヘッドセットと特殊効果により、バーチャルジェットコースター体験が可能です。様々な世界観の中で他では味わえないスリル満点の体験ができます。 

VR motorbikes: スピード感溢れるMSCシースケープの新しいVRモーターサイクルでは、風と水の効果でレースリングに乗り込んだような感覚を味わうことができます。

MSC Formula Racer: このアクティビティでは運転席に座ってスリリングなレーシングシミュレーションゲームを体験することができ、本格的なエフェクトで迫力満点の興奮を体験できます。 

Immersive XD Cinema: 3Dメガネをかけた瞬間から別世界に飛び込み、ゾンビやガイコツなどと戦う没入型アクティビティで、参加者のうち1人だけが勝者となれるため挑戦者同士お互いに射撃スキルを磨く必要があります。 



MSCシースケープは2022年12月7日にニューヨークにて命名式を行います。その後船は、ポートマイアミに移動し、年間を通して2種類のカリブ海クルーズに就航します。


• 東カリブ海: オーシャンキーMSCマリンリザーブ(バハマ)、ナッソー(バハマ)、サンファン(プエルトリコ)、プエトルプラタ(ドミニカ共和国)へ寄港 

• 西カリブ海: オーシャンキーMSCマリンリザーブ(バハマ)、コズメル(メキシコ)、ジョージタウン(ケイマン諸島)、オーチョリオス(ジャマイカ)へ寄港. 


輝かしい命名式に先立ちMSCシースケープは、イタリアのローマ(チビタベッキア)から大西洋を渡って米国のニューヨークを目指す処女航海で、一生に一度の体験を提供します。 この17泊のグランドボヤージュはバルセロナ、バレンシア、カディスを訪れた後大西洋に出て横断を開始し、眠らない街であるニューヨークへ向かう途中の経由地としてマデイラ島のフンシャルとバミューダへ寄港します。 



MSCシースケープのクルーズ詳細についてはこちら。 

MSCシースケープの客船の詳細はこちら



本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)