News

MSCシーショアの就航まで残り半年 イノベーティブな次世代新造船のデザイン詳細を発表

2021/03/10

  • 広大な屋外エリアとパブリックスペースを有するMSCシーショアは、温暖な気候を楽しみ、海をより近くに感じるための設計を採用しています
  • 総面積において過去最大のMSCヨットクラブ、アウトドアスペースの拡大と新たなスイートキャビンが誕生 
  • 8月より西地中海方面に初就航、11月以降はマイアミへ移動し、バハマ、カリブ海を巡るクルーズを開始

 


ジュネーブ・スイス 2021年2月18日-MSCシーショアの8月の就航まで残り6ヶ月を切り、MSCクルーズは最も革新的な次世代船である新造船の詳細を発表しました。すでに革新的なシーサイドクラスのクルーズ船を更に改良したシーサイドEVOクラスの初就航となるMSCシーショアは海を間近に感じられるデザインを特徴とし、ゲストは新たな機能、空間、体験をお楽しみ頂けます。シーサイドEVOクラスのクルーズ船の魅力溢れるデザインは特にアウトドアスペースを満喫できる設計を採用し、MSCシーショアでは屋外での体験を更に魅力的なものにしています。




ピエールフランチェスコ・ヴァーゴMSCクルーズエグゼクティブチェアマンはコメントし、“MSCクルーズでは、従来のデザインの概念を超える革新的なアイディアを各新造船に採用してまいりました。MSCシーショアはシーサイドクラスの革新版であり、今までにない特徴を有します。パブリックエリアの65%を一新し、新たな体験をゲストにお届けします。また船尾のデザインも一新され、新たなラウンジとして誕生したCabaret Rougeでは2階建てデッキからパノラマビューをお楽しみいただけます。デッキ8にはシェフズコートを設けて有料レストランを集約し、バー、レストランでの新しい楽しみ方を提供いたします。各プールには屋根付きの2階建てデザインを採用し、船尾側にはインフィニティープールが新設されます。”


ピエールフランチェスコ・ヴァーゴは続けて、“デザイン、ゲストエクスペリエンスに限らず、MSCクルーズでは導入するテクノロジーの革新を起こします。MSCシーショアはフィンカンティエリ社が開発した新しい空気除菌システムSafe Airを搭載する世界初の船として就航します。Safe Airは、UV-Cランプ技術を用いてウィルス、細菌を約99%除去し、ゲスト、クルーに衛生的で安全な空気を確保します。その他MSCシーショアでは最新の環境保全テクノロジーを採用し、エネルギー使用の効率化、排気ガスの低減、従来の排水システムの質を上回る最新排水処理システムの導入などをすることで脱炭素化への歩みを進めて参ります。”


MSCクルーズ最新フラッグシップ船のハイライト:

  • 13,000㎡の広さを誇るアウトドアスペースにはバーやダイニング、プール、デッキエリアが設けてあり、寛ぎの時間や日光浴をお楽しみただけ増す。
  • プールサイドエリアを拡大した6つのプールを完備。新たにインフィニティープールと2つのインフィニティージャグジープールが誕生しました。
  • 海を間近に体感できる全長540メートルのプロムナードではドリンクや屋外での食事、または潮風を感じながらの散歩をお楽しみ頂けます。
  • 過去最大で最上級となるMSCヨットクラブは4デッキを活用し、面積を3,000㎡に拡大。2つの壮麗なオーナーズスイートが新たに誕生。
  • 11のキャビンカテゴリー。人気のアフトスイート、テラス付きスイート(50室・テラス最大面積15㎡)、プライベートアウトドアジャグジー付きスイート(32室)など

新たなデザインを採用した、アウトドアスペースを楽しむクルーズ

海を間近に感じるデザインを採用したMSCシーショアは海を更に近くに感じることができます。全長339メートルのこのフラッグシップ船はMSCクルーズの保有船で最長となり、イタリアで建設される最大の船となります。MSCシーショアを建造をするフィンカンティエリ社は造船において世界大手のうちの一つのグループであり、またクルーズ船の設計と造船において業界をリードする造船所です。


特に特徴的なデザインにはデッキ8のインフィニティプール頭上22mに位置するデッキ16のガラス製フロア”Bridge of Sighs”(ため息橋)があります。更に眺望を楽しめる船尾のエレベーター、海を目前にできるプロメナードにある船体の両側に伸びるスタイリッシュなガラス製キャットウォークなどがあります。


プールサイドでの極上のくつろぎ
MSCシーショアの6つのプールはすべてが新しい特徴と拡張でより一層魅力的になっています。スリルと興奮を求める若者や船内での寛ぎを求めるゲスト向けのリタイリッシュでリラックスできるプールなど様々な過ごし方をお楽しみ頂けます。
 

  • インフィニティプール:船尾のプールが再設計されインフィニティプールとして生まれ変わりました。船尾の最後尾まで伸びたプールとガラスの壁がこれ以上ない海の光景を可能にします。このプールは洋上で最大級で、様々な深さと水中のサンベットをお楽しみ頂けます。低層のデッキ8からの海を間近にした眺めは、日の出から日の入りまで一日中、海の絶景が広がります。
  • インフィニティジャグジーバス:MSCシーショアには2つの新しいインフィニティ―ジャグジーバスが誕生します。デッキ8の両側のプロムナードにそれぞれ配置されます。各々が海を眺める20席を擁し、ゲストは海を眺めながらウォータージェットで寛ぎの時間をお楽しみ頂けます。
  • ロングアイランドプール:デッキ18のこのプールは2種類の深さが用意され、泳ぎたいゲストと水の中に漂っていたいゲストがそれぞれお楽しみ頂けます。更に新しく設計されたエリアには360°の噴水アイランドや、新しいプール内のラウンジスペースがあります。ロングアイランドプールを更に魅力的なエリアにするため、パイレーツの洞窟をモチーフにしたアクアパークとも接続し、一つの広大なウォーターエリアを構成しています。キッズクラブも同じデッキ18に配置され、家族連れに更に便利なエリアになっています。
  • ジャングルプール:温暖な気候に合わせて設計された船ですが、ジャングルプールには開閉式の屋根が設けられ、雨天時にも屋内プールエリアとしてご利用頂けます。人気のこのエリアはデッキの追加と周辺エリアの拡張を行うことでゲストが座って寛ぐスペースが加わりました。デッキ16のビュッフェエリアまで僅かの距離に位置し、プールで過ごしたい家族向けに最適なエリアになります。
 
アウトドアダイニング&ドリンク
海を間近に感じ、屋外での時間を満喫できるクルーズをコンセプトするMSCシーショアでは新しいエリアを含む、様々なバー、カフェエリアをお楽しみいただけます。
  • シェフズ・コート:5つの有料レストランをデッキ8に移設し集約、より海を感じられるオーシャンビューをお楽しみ頂けます。またMSCクルーズの人気ステーキハウス”ブッチャーズカット”では初となるテラス席が用意され、船を象徴する海を目の前にしたプロムナードでの屋外ダイニングをお楽しみ頂けます。
  • スカイバー:広大なビュッフェエリアは船尾に屋外エリアが加えられ、ダイニングとバーをお楽しみ頂けます。スカイバーでは食事を屋外で楽しんだり、夜は船の最高地で潮風を感じながらリラックスすることができます。
  • Top19 ソラリウム:アウレアゲストがご利用できるソラリウムではシックなアウトドアラウンジとバーをお楽しみ頂けます。
 
最大で最高級のMSCヨットクラブ
船首という特別な場所に位置するMSCヨットクラブ、MSCシーショアでは4つのデッキに渡り、今までにない海の眺望を有します。MSCクルーズで最大、最上級となるこのMSCヨットクラブの広さは約3,000㎡にも及びます。
MSCクルーズ独自の「船の中にある特別な船」MSCヨットクラブではプライベートアメニティー、24時間対応のバトラーサービスなどプレミアムなオールインクルーシブのクルーズをお楽しみ頂けます。また専用エリア外のエンターテイメントやレクリエーションも他のゲストと同様にご利用頂けます。 
  • 新しくなったコンシェルジュデスク:MSCクルーズの船はエレガントでスタイリッシュな内装で知られ、特に新しくなったコンシェルジュエリアでご確認いただけます。更にMSCヨットクラブの入り口には3デッキ分の高さ、46㎡のオニキスの壁とMSCクルーズの特徴である4つのデッキを繋ぐスワロフスキーの階段がゲストをVIP待遇でお迎えします。
  • トップセイルラウンジ:最上階の豪華なトップセイルラウンジでの寛ぎや、ラウンジと直結した屋外エリアを持つ、素晴らしい海の眺望を楽しめる専用のレストランでの食事をお楽しみ頂けます。
  • プール&サンデッキエリア:拡張と改善されたプールエリアとサンデッキエリアは2,000㎡の広さを誇り、拡張した専用プールと通常のジャグジーに加えて新しい個別のジェットを備えたパノラマビューのジャグジーが8席加わります。

MSCヨットクラブの豪華なキャビンは増室され、内側キャビンからロイヤルスイートまで5つのカテゴリーで131室を用意。新たに、ウォークインクロゼットと拡張されたエリアを持つデラックスグランドスイートが41室、オーナーズスイートが2室加わりました。待望となるオーナーズスイートは最も洗練され、船内で最大となる98㎡の広さを有します。広い専用バルコニーにはジャグジーと屋外リビングエリア、ガラスの壁からの壮大な海のパノラマビュー、 分かれたダイニングとリビングルームなどこれ以上ない贅沢なキャビンとなっています。


地中海とカリブ海クルーズ
2021年4月の就航から地中海でのクルーズでイタリアのジェノバ、ナポリ、メッシーナ、マルタのバレッタ、スペインのバルセロナ、フランスのマルセイユ訪れ、シーズンを終えてからホームポートとなるアメリカ合衆国のマイアミへ移動します。2021年11月からMSCシーショアは7泊の東、西カリブ海・バハマクルーズを開始し、バハマにあるMSCクルーズのプライベートアイランド、オーシャンキーMSCマリーンリザーブへと寄港します。


MSCシーショアについては こちらから