News

MSCシーショアがゲストを迎えて地中海で初就航を開始

2021/09/07

  • これまでのMSCクルーズ客船の中で最も革新的な船は印象的なデザインと広々とした屋外スペースを備え、ゲストに海の魅力をより身近に感じていただける設計を採用
  • 新たにデザインされたシェフズ・コートや魅力的な新しいエンターテイメント施設のLe Cabaret Rougeなど豊富な船内施設が誕生
  • MSCシーショアは2021年11月20日より米国のマイアミからカリブ海クルーズを開始予定

 
ジュネーブ, スイス –  MSCクルーズ史上最も革新的な次世代客船であるMSCシーショアの初就航が開始されました。新たなフラッグシップがMSCクルーズ客船に加わり、当社の保有船は19隻となりました。


 新しいシーサイドEVOクラスの船はバルセロナ(スペイン)、マルセイユ(フランス)、ジェノバ(イタリア)にてゲストを迎え入れた後、ナポリ(イタリア)から7泊の西地中海を巡る処女クルーズを開始しました。MSCシーショアはその後、メッシーナ(シチリア島) に寄港しタオルミナとエトナ山を訪れ、バレッタ(マルタ島)、そしてバルセロナ、マルセイユを経てジェノバに帰港しました。


新造船の動画はこちらから


西地中海で夏のシーズンを終えたのち、MSCシーショアは18泊の大西洋横断グランドボヤージュクルーズを行い米国のマイアミへ就航します。


グランドボヤージュについてはこちらから


マイアミでは7泊のクルーズを2つの航路で実施します。1つは西カリブ海クルーズで、オチョリオス(ジャマイカ)、ジョージタウン(ケイマン諸島)、コズメル(メキシコ)に寄港します。もう1つは東カリブ海クルーズで、サンファン(プエルトリコ)、シャーロットアマリー(セントトーマス島)、プエルトプラタ(ドミニカ共和国)を巡ります。すべてのクルーズにはバハマにあるMSCクルーズの新しいプライベートアイランド、オーシャンキーMSCマリーンリザーブへの寄港が含まれています。


MSCシーショアのカリブ海での冬季シーズンについてはこちら から

オーシャンキーMSCマリーンリザーブについては こちら から

MSCクルーズ最新フラッグシップ船のハイライト:


  • 次世代の環境技術により船の環境負荷を最小限に抑え、よりクリーンな空気の排出を実現
  • フィンカンティエリ社が開発した最先端の空気浄化技術Safe Airは、UV-Cランプによりウイルスやバクテリアを除去し、船内の空気を清潔で安全に保ちます
  • 13,000㎡の広さを誇るアウトドアスペースにはバーやダイニング、プール、デッキエリアが設けてあり、寛ぎの時間や日光浴をお楽しみ頂けます
  • 新しいインフィニティプール、2つの新しいインフィニティジャグジープール、アクアパークの新しいVRウォータースライダーなど、プールサイドのエリアが拡大された6つの素晴らしいスイミングプールをご満喫頂けます
  • 海を間近に体感できる全長540メートルのプロムナードではドリンクや屋外での食事、または潮風を感じながらの散歩をお楽しみ頂けます
  • 11種類のキャビンとバルコニー付きスイート(アフトスイートを含む)、テラス付きスイート(50室・テラス最大面積15㎡)、プライベートアウトドアジャグジー付きスイート(32室)を完備
  • 2,000㎡の広さを誇るプールエリアとサンデッキを備えた、最大級の広さを誇るラグジュアリーなMSCヨットクラブが誕生
  • 洗練された作品であるDanza del Mareは、芸術や文化面において優れたデザインを創り出すことで有名なイタリアのVENINI社が手掛けた芸術作品です Danza del MareはMSC基金のために製作されたもので、海洋の保全活動へ向けたMSC基金の取り組みを象徴しています
  • 船内12ヶ所と屋外6ヶ所を含む合計18ヶ所のバーとラウンジ、5つのスペシャリティレストラン、4つのメインダイニングレストランで構成される美食のアドベンチャー
  • デッキ8にてリニューアルされたシェフズコート - 5つの専門レストランと2つのバー(ブッチャーズカットの新しい屋外ダイニングエリアを含む)をお楽しみ頂けます
  • 受賞歴を誇る家族向けのアクティビティや施設では、あらゆる年齢層のお子様を対象とした計98時間に及ぶライブエンターテイメントを毎クルーズごとに開催
  • 毎晩オリジナルのライブエンターテイメントが楽しめる新しい船尾ラウンジ「Le Cabaret Rouge」が誕生


MSCシーショアについてはこちらから