News

MSCシーサイドが今夏に地中海クルーズに就航

2021/04/30

  • ターラント、シラク―サが新たな寄港地として追加され、ターラントではMSCシーサイドゲスト限定のプライベートビーチ体験を実施

ジュネーブ, スイス – 2021年4月30日 – MSCクルーズはMSCシーサイドの夏季シーズンスケジュールを発表しました。ターラント(プーリア)とシラクーサ(シチリア)が新たな寄港地として追加され、ターラントではMSCクルーズ限定プライベートビーチツアーが開催されます。MSCシーサイドは就航後初めて地中海クルーズに就航します。


MSCシーサイドはすでに地中海クルーズに就航中のMSCグランディオーサに加わり、5月1日より地中海クルーズに就航します。7泊クルーズではジェノバ、バレッタ、シラクーサ、ターラント、チビタベッキアに寄港します。


マリーナ・ディ・ターラントではMSCクルーズゲスト専用のリド(ビーチリゾート)がご利用頂けます。島へは「バブルトランスファー」を利用して安全に移動します。安心安全な休暇をお過ごしいただけるよう、島内では衛生と安全に関するプロトコルが徹底して実施されます。


プーリア州ターラントでのハイライト:

  • 洞窟都市マテーラ「サッシ」:ユネスコ世界遺産として世界で初めて登録されたことで有名となったサッシの洞窟は、新石器時代から1952年まで居住地として使われ、この土地ならではの独特な歴史探索をお楽しみいただけます。
  • アルベロベッロ:ブーツの形に例えられるイタリア。プーリア州はブーツの「かかと」に位置します。有名なトルッリ群は1996年にユネスコ世界遺産に登録され、美しい村の風景をお楽しみいただけます。 
  • 要塞都市オストゥーニ:別名白い街として知られるオストォーニは紀元後1世紀よりギリシャ・ローマ時代の重要都市であり、現在も残る中世時代の町並みでの散策をお楽みいただけます。寄港中、地元のオリーブオイル搾油所でのオイルテイスティングツアーにご参加いただけます。
 

シチリア州シラク―サ
深い歴史と豊かな地形を誇り、TVシリーズ「モンタルバーノインスペクター」の撮影場所として有名となったシラクーサでは、シチリア島で最大規模のギリシャ劇場や風光明媚な田舎の風景をお楽しみいただけます。
 
MSCシーサイド
海を身近に感じられる特別設計が特徴的なMSCシーサイドは、最大級のアウトドアスペース総面積を有します。MSCシーサイドの運航は7月末まで延長となりました。MSCシーサイド及びMSCグランディオーサは現在、シェンゲン協定圏内、ブルガリア、クロアチア、ルーマニアの居住者に限りご乗船が可能です。