News

MSCクルーズ、2024年ワールドクルーズの航路を一新し販売を開始

2022/05/10

ジュネーヴ・スイス- 2022年4月20日- MSCクルーズは、2024年1月5日に出航するMSCポエジアで巡るMSCワールドクルーズの航路を一新し販売を開始しました。 

2019年に発売を開始して以来、常に完売しご好評頂いておりますワールドクルーズに、2024年1月からMSCポエジアがヨーロッパから52港(31か国) を巡るクルーズに就航します。

新航路では、チビタべッキア(ローマ)、ジェノバ、マルセイユ、バルセロナのいずれかの港でご乗船頂け(それぞれ2024年1月4、5、6、7日)、121日間(約4ヶ月間)の壮大なクルーズを提供します。

このクルーズはフランス、スペイン、イタリア、マルタ、キプロス、イスラエルハイファでの一泊、エジプトのポートサイドおよびアレクサンドリア経由でカイロへの寄港など、地中海のメインエリアからスタートします。

その後、世界的に有名なスエズ運河を通り紅海へ向かいルクソールやペトラで古代遺跡の名所を巡ります。

サウジアラビアのジェッダで1泊した後、船はアフリカの宝石と呼ばれるザンジバル、セイシェル、モーリシャスへと南下し、ダーバン、ポートエリザベス、ケープタウンのテーブルマウンテンを含む南アフリカを巡ります。 次に、船は南大西洋を渡って南米に向かい、ブラジルのアマゾンへの特別な旅に出ます。訪れるアマゾン川のマナウスはアマゾンの熱帯雨林の中心地です。ブラジルでは、サルバドールとベレンに寄港し、リオデジャネイロではコパカバーナビーチで日光浴をしたり、1泊なので有名なナイトライフを楽しんだりすることができます。 その後、カリブ海ではセントルシア、バルバドス、マルティニーク、ドミニカ共和国、MSCクルーズのプライベートアイランド、「オーシャンキーMSCマリンリザーブ」を含むバハマ諸島を巡りその後は北米へ向かいます。


ワードクルーズ終盤にさしかかると船は、フロリダ州のマイアミとニューヨークのそれぞれで一泊し、カナダのノヴァスコシアとケベックへと北上します。北欧の都市、グリーンランド、アイスランドなどの寄港地を最後にワールドシリーズを締めくくります。


2024年ワールドクルーズのハイライト: 

この素晴らしい航路には以下の寄港地が含まれます: 


- ルクソール(エジプト): 古代世界への時をさかのぼる旅は、有名な古代宗教遺跡の一つであるカカルナック、モニュメント、寺院やお墓が特徴です。 


- ペトラ(ヨルダン):ヨルダンの最も貴重な宝であり魅力的な古代都市でありながら、都市の建造物の多くが岩を削り建てられた世界的にも有名な素晴らしい都市です。


- ザンジバル(タンザニア):白い砂浜、ターコイズブルーの海、豊かな文化的背景など、ザンジバルのすべてで熱帯の島を満喫できます。また、アフリカの宝石と呼ばれるストーンタウンを訪れることもできます。ジョザニチュワカ国立公園で野生の植物を楽しみ、ここでしか見られない絶滅危惧種である、ザンジバルレッドコロブスモンキーに出会うことができます。 


- ポートビクトリア インド(セイシェル): インド洋に浮かぶ115の島々からなるセーシェル諸島の首都ポートビクトリアは、小さいながらも活気に満ちています。群島の中で最も大きく重要な島のひとつであるマヘ島に位置するビクトリアでは、クレオール文化を体験できます。賑やかな市場、静かな植物園、美しいコロニアル様式の建物などを通して、青々とした森、茶畑、マヘビーチなどの島の美しさを満喫できます。 


- ラ・ポセション(レユニオン): クルーズ船がめったに訪れないこの高級リゾート地では、壮大な火山のカルデラの跡であるサーカスオブサラジーをはじめとするとてもユニークな光景を目にすることができます。圧倒的な自然が青々とした森に点在する小さな町と隣り合わせに存在しています。ピトンドラフルネーズには、2007年に溶岩で満たされたドロミューとボリーの2つの火山クレーターがあり、今でも活火山を見るチャンスがあります。


- ケープタウン(南アフリカ) : 世界的に有名なワイン生産地、山々、街並み、大西洋やインド洋を一望できるテーブルマウンテン国立公園など、南アフリカの自然と国際的な魅力が凝縮された街です。ビクトリア&アルフレッドウォーターフロントでショップやレストランを楽しんだり、キャンプスベイのビーチでくつろいだりと、楽しくリラックスした一日を過ごすことができます。


- リオデジャネイロ(ブラジル): 紺碧の海と森に覆われた山々に挟まれたリオの街は、背景となる山脈の麓に形成され、グアナバラ湾には白砂に縁取られた岩だらけの島がたくさんあります。また、手つかずの熱帯雨林と多様な野生生物が生息するブラジルのアマゾンを探検する絶好の機会でもあります。


- サルバドールデバイア(ブラジル): ブラジルの文化と歴史の中心地で、アフロブラジルの伝統が色濃く残り、カポエイラ、カンドンブレ、サンバデローダがここで誕生しました。サルバドールの伝統的な街並みはそのままに、活気あるビーチライフ、近代的な高層ビル群をお楽しみ頂けます。


- ベレン アマゾン(ブラジル): 東の玄関口であるこの街は、ひとつの観光目的地となっています。マンゴーの木陰が続く通り、美しい公園、パステル調の邸宅であるファサードは、熱帯の太陽に照らされて色あせていますが、この充実した街はお客様を楽しませます。


- マナウス(ブラジル): アマゾン最大の都市マナウスはジャングルの真ん中に位置し、ブラジルのアマゾンを探検する絶好の場所として、思い出に残る寄港先です。手つかずの熱帯雨林と野生動物の宝庫で、アマゾン探検のスタート地点として最適です。


- オーシャンキーMSCマリンリザーブ(バハマ): かつて工業用砂採取場であったこの島は、現在では海の景色、透き通った海、柔らかな砂浜を楽しむことができる、MSCクルーズのプライベートアイランドです。MSCの寄港地観光ツアーではシュノーケルサファリ、カヤックツアー、パドルボードなどを通して、探検、発見、リラックス、そして自然の美しさを最大限に楽しむことができます。


- ニューヨーク(アメリカ衆国合): マンハッタンにあるパッチワークのような地区を散策したり、ポストモダンな高層ビルの隣にある隠れた庭園を訪れたり、象徴的なエンパイアステートビルや自由の女神を目指したり、この活気あふれる都市は間違いなく訪れるべき場所であると言えます。ブロードウェイのショーから世界的な美術館まで、ニューヨークの賑やかな演劇とアートシーンは見逃せません。


- ノバスコシア州(カナダ): カラフルな港、砂浜、印象的な歴史的建造物、風光明媚な大自然のハイキングコースがあるノバスコシア州は、多くの旅行者から人気の寄港先です。

 

- ケベック(カナダ) : ユネスコの世界遺産に登録されているケベック旧市街の城壁を歩きながら、活気あるフランス系カナダ人の文化に浸ることができます。モンモランシーの滝やジャック・カルティエ国立公園では、素晴らしい景色を楽しむことができます。


- レイキャビク(アイスランド):世界で最も北に位置する首都レイキャビクは、小さいながらもバイキング博物館やショップが立ち並ぶ活気に満ちた港町です。地熱を利用したブルーラグーン、見事な滝、至福の湖など、周辺にはさまざまな見どころがあります。


MSCポエジアについて : 

MSCワールドクルーズの客船として再び選ばれたMSCポエジアは、スタイリッシュで快適な船旅を提供します。MSCポエジアはエレガントなデザインでお客様を心地よい洗練された世界へとご案内いたします。船内には壮大なホワイエの滝から禅の庭、本格的な日本の寿司バー、スチームルームやサウナ、魅力的なトリートメントを備えた豪華なMSCアウレアスパウェルネスセンターなど様々なエリアがございます。また、アクティブな方が楽しめるバスケットボールやテニスコート、シャッフルボード、最新鋭のジム、ミニゴルフ場などの施設も完備しています。さらに、3つのプール、4つのジャグジー、プールサイドの広大なシネマスクリーンなどMSCポエジアには魅力溢れる施設が満載です。



本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)