News

カタール・ドーハでMSCワールドエウローパの命名式を開催 MSCクルーズの保有する客船の中で最も環境性能に優れた 「未来のクルーズ」として新造船が登場

2022/09/12

ドーハ・カタールとジュネーヴ・スイス - 2022年9月7日 - MSCグループのクルーズ部門とカタール航空は、MSCクルーズのフラッグシップであるMSCワールドエウローパの命名式を11月13日にカタールの首都ドーハで開催し、同市に新設されるグランドクルーズターミナルから処女航海を行うことを発表しました。 今回の発表はMSCクルーズがブランドリーダーを務める中東地域への重要性とカタールへの総合的なコミットメントを表し、カタールを訪れる外国人観光客の数を2030年までに3倍に増やすという「ビジョン2030」の公約も支持しています。 



この特別な命名式はドーハに新設されるグランドクルーズターミナルで執り行われる予定です。グランドクルーズターミナルは、1日に最大28,000人の乗客に対応でき、2隻のメガクルーズ船を同時に受け入れることができる24,000㎡の最新ターミナルです。 また乗客はターミナル内にある美しい水族館やイスラム芸術を専門とするギャラリーなどの施設を楽しむことができます。 


12月20日に初就航を迎えるMSCワールドエウローパは、ドーハ(カタール)、ドバイ(アラブ首長国連邦) 、アブダビ(アラブ首長国連邦) 、 シルバニヤス島(アラブ首長国連邦) 、ダンマーム(サウジアラビア)へ寄港する7泊のクルーズに就航する予定です。また、次の冬季クルーズには、MSCオペラがドバイ、アブダビ、シルバニヤス島、オマーンのマスカットとカサブへ寄港する7泊のクルーズ に就航する予定です。 


その後MSCワールドエウローパは2023年3月から地中海に移動し、ジェノバ(イタリア)、ナポリ(イタリア)、メッシーナ(イタリア)、バレッタ(マルタ)、バルセロナ(スペイン)、マルセイユ(フランス)を巡る7泊の地中海クルーズに就航する予定です。 


MSCワールドエウローパについて 

MSCワールドエウローパは22階建て、総トン数215,863トン、幅47m、広さ40,000㎡のパブリックスペースと2,626室の客室があり、MSCクルーズに新しく加わる待望のフラッグシップです。このウルトラモダン客船は、休暇を過ごすゲストに様々な体験の選択肢を提供するために設計されています。 


また、MSCワールドエウローパはMSCクルーズ初の液化天然ガス(LNG)を動力とする船で、これまでのMSCクルーズ客船の中で最も環境性能に優れた船となります。


LNGとは世界で最もクリーンな船舶用燃料の一つであり、国際海運の脱炭素化において重要な役割を果たすと考えられています。さらに、硫黄酸化物などの大気汚染物質をほとんど排出せず窒素酸化物を最大85%削減することができ、CO2排出量を25%削減するため気候変動の緩和にも重要な役割を果たしており、グリーン水素を含む持続可能な非化石燃料の普及にも貢献しています。また、熱と電気の生産効率を約30%上昇させる手段として船内に搭載されている燃料電池の実証実験を行いこの技術の有効性を検証します。 


加えて、環境性能に優れたシステムを多く搭載しているMSCワールドエウローパは、選択的触媒還元システム、港での二酸化炭素排出量を削減するための陸上電源接続、国連の海運機関である国際海事機関に沿って設計された高度な廃水処理システム、食品と廃棄物のリサイクル、海洋生物保護のための水中放射音管理システム、エンジン使用を最適化して排出量を削減する船内エネルギー効率機器などが搭載されています。 



スイスを拠点とする当社は、2050年までに事業活動における温室効果ガスの排出を完全にゼロにする長期目標を掲げており、MSCクルーズ客船に搭載するためのシステム開発と導入を加速させるための投資や活動によって達成する予定です。



MSCワールドエウローパの詳細はこちら 

MSCクルーズで巡るアラビア湾クルーズの航路はこちら




本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)