News

MSCオペラ ー通常運航に戻ります

2019/06/04

更新:2019年6月13日17:00(CET)


MSCオペラは6月13日木曜日22:00(CET)にヴェネツィアを出港し、土曜日の朝のバーリ入港に向けての運航が決定した事をご報告致します。 6月15日土曜日より、MSCオペラは従来の7泊クルーズアイテナリー通り運航致します。



更新:2019年6月6日17:00(CET) 


MSCオペラは先日6月2日ヴェネツィア港で発生した事故に伴う修復作業を行いました。 修復作業は月曜日に既に完了していますが、現在当局によって実施されている調査完了報告の待機中です。 


これらの作業及び手続きは当初の予定より更に数日間の期間を要する見込みの為、次回のクルーズに向けて予定されていた時間に出港する事が不可能となります。 この為、6月8日バーリ出港、及び6月9日ヴェネツィア出港予定の次回クルーズについて、キャンセルを余儀なくされる状況となりました。


MSCオペラの次回クルーズには、53カ国2,451名のお客様にご乗船頂く予定でしたが、ご乗船予定であったお客様及びご利用の旅行会社様へ、キャンセルに関するご連絡を差し上げています。

クルーズ代金をはじめその他旅行代金、事前予約サービスの全額返金を含む、様々なオプションをご案内させて頂いています。

更に、2020年末までに出航する7泊以上21泊以下のクルーズについては、50%割引でご乗船頂けます。




更新:2019年6月4日14時(CET)
 
この度の事故に伴い決定されたクルーズキャンセルにあたり、MSCクルーズはヴェネツィアにてMSCオペラにご乗船中のお客様のご負担を最小限にとどめる為、以下のとおり様々な対策を講じています。
  

- 全ての乗客の皆様に対して、クルーズ料金及び事前支払い済みの弊社各種サービス料金に関して全額払い戻しの対応をさせて頂きます。


- 2020年末迄に出航するクルーズ**に対し、50%割引が適用されます。 


- 当初のスケジュールを前倒しして帰国を希望されるお客様に対して、帰路のフライト及びその他交通手段の確認に関するサポートをご利用頂けます。 


- 下船日まで客船への滞在を希望されるお客様は、エンターテインメントやレストランなどの各種船内設備は通常通り営業致しますので、どうぞご利用下さい。また、お食事中、全レストランでお飲み物(アルコール、ノンアルコール)を無料でお楽しみ頂けます。 


- サン・マルコ広場行きのデイリーボートに加え、MSCクルーズではMurano(ムラーノ島)Burano(ブラーノ)Jesolo Beach(イェーゾロビーチ)Noventa Designer Outlet (ノヴェンタ・ディ・ピアーヴェ)ショッピングモール行きのボートをご用意しています。乗客の皆様に無料でご利用頂けます。

 
現時点の状況としては、帰国されるお客様もいらっしゃいますが、大半のお客様がヴェネツィアに滞在し観光されています。
 
**クルーズ料金のみに適用されます。2020年12月迄に出航するクルーズが対象となり、換金、譲渡、返金の対応は致しかねます。当割引は、7泊以上21泊以下のレギュラークルーズの正規料金及び早期割引料金に対して適用されます。MSCボヤジャーズクラブの割引との併用が可能です。


__________________________________________________________________________________________


更新:2019年6月4日10時(CET)  
   
MSCクルーズは溶接及び修理作業が完了した事をご報告させて頂きます。これらの工事完了に伴い、現在船舶安全検査が行われています。同時に、MSCクルーズは事故発生当初から関連当局と蜜に連携をとっています。   
__________________________________________________________________________________________ 

更新:2019年6月3日21時(CET)  
   
MSCクルーズは、MSCオペラ船長及びDPAが、ヴェネツィア検察当局による調査開始の通知を受理した事をご報告致します。イタリア手続法に基づき、当通知は今週後半に予定されている専門家による調査遂行の為に検察当局が行う必要不可欠な手続きとなります。船長及びDPAをはじめMSCクルーズ全社は、検察当局による調査にへの全面協力を行うと共に、求められた情報提供に確実に応じる所存です。   
   
尚、検察当局は同様に、日曜日に発生した事故のMSCクルーズ以外の関係者への通知も行っています。  
__________________________________________________________________________________________ 

更新:2019年6月3日18時(CET)  

昨日発生したヴェネツィアでのMSCオペラ関連事故に伴い、MSCクルーズは本日早朝当局により修理作業を行う許可を受理した事をご報告致します。損傷については、船体の最外部に限られており、現在、塗装作業が行われていますが、これらの修理作業の所要時間については現時点では未定です。   
   
同時に、事故原因調査の進捗について、当初予定されていたよりも時間を要している為、本日及び明日中の出航の可能性は低い事をお知らせ致します。尚、事故原因究明の為、事故発生直後からMSCクルーズは関連当局との連携を蜜にとっており、全事実の立証及び全ての技術的データの収集にあたり24時間体制で全面協力を行っています。   
   
上記の状況を考慮した結果、MSCクルーズは当該クルーズを次回のクルーズ迄キャンセルを決定致しました。つきましては、当該クルーズにご乗船頂いている全乗客の皆様に対して、クルーズ料金及び事前にお支払い頂いた弊社各種サービス料金の全額払い戻しの対応をさせてい頂きます。   
   
尚、ご希望に応じて、ヴェネツィアに停泊中のMSCオペラにクルーズ終了まで 引き続き滞在頂けます。全ての船上サービス及びエンターテインメントは通常通り営業致します。また、サン・マルコ広場迄のシャトルボートも全ての乗客の皆様にご利用頂けます。   
   
本日下船又は帰国を希望されるお客様に対しては、手続きにあたり、あらゆるお手伝いをさせて頂き、また下船及び帰国に伴う費用も負担させて頂きます。   
   
8日土曜日にBari(バーリ)で下船を予定されていたお客様へ
引き続き船内への滞在を希望されるお客様に対しては、現時点では7日金曜日迄にヴェネツィアを出航し、翌日土曜日にバーリに入港を予定しており、以降MSCオペラは当初のスケジュール通り運航を予定しています。   
______________________________________________________________________________________ 

更新:2019年6月2日20時(CET)  
   
本日早朝午前8時30分、ヴェネツィアクルーズターミナルへの係留に向けて航行していた弊社客船MSCオペラに、技術的問題が発生致しました。ヴェネツィア港客船安全要件に基づき、2隻のタグボートによる先導及び船長による必要な船舶全操作の即座の遂行にも関わらず、客船はSan Basilioのドックへ接触しました。これに伴い、係留していたリバーボート”The River Countess”へ接触しました。   
   
現在、原因究明調査が行われており、MSCクルーズは海上保安当局と蜜に連携をとぅています。事故直後より、リバーボートの乗客及び全ての乗客、クルーの安全確保を最優先事項として対応にあたっています。その後、事故発生当事に水中に位置していたアンカーを緊急事態の手順に基づき引き上げました。13:15(CET)時点で、客船はマリッティマクルーズターミナルへの移動が可能となりました。   
   
MSCクルーズは、今回の事故に巻き込まれた全てのお客様 -まず最初に”The River Countess”のお客様、オーナーのUniworld社様、クルーの皆様、特に今回の事故により負傷された4名の乗客の皆様に対して全面的なサポートを行うべく尽力してまいります。内2名のお客様は既に本日午後に退院されており、他2名様は現在治療を受けていらっしゃいます。 弊社はUniworld社様を通じて4名のお客様と連絡を取り、必要に応じて専門スタッフを現場に派遣し、支援させて頂く予定です。   
   
MSCオペラの乗客の中で負傷者は発生していません。   
   
事故発生当初より、常時地元当局及び国内当局との連携を密にとっており、全面的な協力を行っています。   
   
MSCオペラは現在マリッティマ埠頭に停泊中です。乗客の皆様の下船手続き及び次回のクルーズの乗客の皆様の乗船手続きについては、現在予定通り行われています。