News

オーシャンキーMSCマリーンリザーブのオープンが2019年12月5日に

2019/11/13

オーシャンキーMSCマリーンリザーブ, バハマ, 2019年11月13日 - MSCクルーズがオーシャンキーのオープニングを2019年12月5日と発表しました。

 
オーシャンキーMSCマリーンリザーブの開発はMSCクルーズが年月を費やしたプロジェクトです。工業用の採砂地だった島をパートナーたちとこれ以上ないトロピカルな島に作り替え、さらには周りの海にも海洋生物が栄える楽園となりました。



このプロジェクトはとても複雑なものでした。エコフレンドリーでありサスティナブルな目的地として開発をする必要があったからです。11月中旬にはゲストを迎え入れられると計画していましたが悪天候が続いたのとオペレーションに不具合が見つかり、延期をしました。
  


ハリケーン”ドリアン”が襲撃したときは600人の作業員が建物内で拘束されましたが、それでも期日には間に合う予定でした。しかし、その次の週に強い風と高い波が数日間続き、工事の延期を余儀なくされました。11月初旬に続いた雨ですでに一つのビーチが補強を必要としていただけに、オープンの延長が必須となりました。


また環境への配慮をしたMSCクルーズの規格に合わせて島の砂の高さを調整する必要があり、大きく時間を割くことになりました。これらはゲストの体験に直接影響するだけに避けることはできませんでした。


島での作業はMSCクルーズにとって終わることはありません。この美しい島を保護、再生、そして保存することがMSCクルーズの責任なのです。またMSCクルーズは保護センターとサンゴ礁を育てる施設を用意します。これによってサンゴ礁についての教育や研究をすることができます。


 


MSCクルーズにとって、ゲストにすべての目的地で楽しんでもらえることが最優先です。オーシャンキーMSCマリーンリザーブもその一つです。オーシャンキーに到着すると、ゲストはクリスタルブルーの海と白いビーチに迎えられます。早朝から日が暮れた後も、ゲストはバハマをたっぷりと満喫できます。島では観光やアクティビティーに始まり、バーやレストランでのミールパッケージなどもお楽しみいただけます。
   

MSCクルーズで2019年12月5日以前に島を訪れる予定だったクルーズ船は他のカリブ海の目的地もしくは洋上での一日としてルートが変更になります。オーシャンキーを訪れることができなかった補填がされます。