News

オーシャンキーMSCマリーンリザーブのさらなる詳細を発表

2019/07/19

ジュネーブ(スイス)2019年7月18日- MSCクルーズは今年度末にオープン予定のオーシャンキーMSCマリーンリザーブのツアー動画を発表しました。


動画はこちらよりご覧いただけます。


今年度末のオープンに先駆けリリースされた新動画ではMSCクルーズのお客様限定でお楽しみいただける内容をご紹介します。 

オーシャンキーMSCマリーンリザーブは米国マイアミから65マイルほどに離れた場所に位置し、元々は産業用砂利採取地として活用され、美しい島へと生まれ変わりました。島は120エーカーほどの大きさであり、64平方マイル海洋保護地と4つの岩礁に囲まれています。 


オーシャンキーMSCマリーンリザーブは2019年11月9日よりゲストをお迎えします。 プライベートアイランドかつ保護水域であり、ホワイトビーチ、澄み切った海、バハマ特有の植物が生った島でお過ごしいただけます。船と島の間は行き来がしやすく、日没までの停泊まで船内と島内での様々な施設をご堪能いただけます。 動画内ではオーシャンキーの主なエリアをご紹介します。


様々なユニークなビーチ: Great Lagoon Beachは島の中心に位置し、単体のビーチとしては最大の大きさであり、透明度の高いビーチで水泳などのスポーツをお楽しみいただけます。

象徴的な灯台:高さ約30メートルの灯台ではヘミングウェイ・スタイルのバーやテラスにて素晴らしい眺めとカクテル、ライブミュージックをお楽しみいただけます。日没後、圧倒するようなライトショーをご覧いただけます。 

Seakers Food Court:ビュッフェ式のレストランでは新鮮な多国籍料理とドリンクをご用意しています。

Ice Cream Parlour:アイスクリームとコーヒーをお楽しみいただけ、ビーチを散策後の一休みに最適のカフェです。 


島内の施設の建設方法から島の運営方法、提供されるアクティビティを含めあらゆる点において環境保護の方針をもとにオーシャンキーMSCマリーンリザーブは建設されました。 島内のサンゴの復元は最優先事項の一つであり、海洋生物の多様性の保全、海洋線の保護に寄与することを目的としてサンゴの保護が必要と考えます。 2019年11月よりマイアミより出港する全船はオーシャンキーに寄港予定です。 


詳細は http://www.mscoceancay.com/jp-jp をご覧ください。



本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部/担当 キャシー
〒106-0032 
東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)