News

MSCスプレンディダで巡る冬季紅海クルーズの詳細を発表 新航路が加わり寄港地観光の選択肢が充実

2022/10/06

ジュネーヴ-スイス-2022年10月3日- MSCクルーズは、冬季2022/2023年シーズンのMSCスプレンディダで巡る7泊の紅海クルーズの詳細を発表しました。当クルーズでは33の寄港地観光をお選び頂け、乗船地がスクナ港(エジプト)、サファガ(エジプト)とジェッダ(サウジアラビア)の3箇所に加え、カイロ(エジプト)からもご乗船頂ける様になりました。 


MSCスプレンディダの7泊クルーズでは、スクナ港、フルガタとルクソールへのサファガ(エジプト)、ペトラへのアカバ(ヨルダン)、アルウラへのジェッダおよびヤンブー(サウジアラビア)へ寄港するコースに就航します。


エジプトのスクナ港での滞在が13時間に延長されたことで、一生に一度は訪れたい”世界の7不思議”の一つと言われている「ギザの大ピラミッド」へ訪れることが可能になりました。 



各港でお楽しみ頂ける寄港地観光では、魅力的な地域の素晴らしい名所や観光スポットをご満喫頂けます: 


スクナ港/カイロ(エジプト) – 5つの寄港地観光: 

ワールドクラスの絶景はお見逃しなく。世界でも有名な景色の1つであるギザの大ピラミッドをお楽しみください。 ナイル川に位置するカイロは「1000のミナレット(イスラムの寺院)に満ちた街」として知られ有名なモスク、サラディンのシタデル(城塞)、マドラサ(イスラム神学校)、ハマム(公衆浴場)や噴水などがあります。活気に満ちたバザールに訪れ、街でお土産を値切ってみてはいかがでしょう。 


サファガ/フルガダとルクソール(エジプト) – 13の寄港地観光: 

港町のサファガは、ビーチで充実した時間を過ごせるリゾート地として有名なフルガタから海岸線を下った所に位置します。このエリアでは町の北と南の海岸に沿って広がる美しい白砂のビーチをお楽しみ頂け、日光浴をするのに最適な場所です。 一生に一度の体験をしたい方は、壮大な古代都市であるルクソールを探索できます。ルクソール神殿やカルナック神殿、ファラオが統治した場所や世界的に有名な王家の谷(岩窟墓群)に訪れる事ができます。 


ペトラ/アカバ(ヨルダン) – 8つの寄港地観光: 

このエリアのハイライトは、ヨルダンの砂漠の中心にある古代都市かつユネスコの世界遺産に登録されているペトラへの訪問です。1812年に何世紀にも渡り隠されていたこの宝石が再発掘されました。2,000 年以上前にナバテアのアラブ人によって固い岩から切り出され、首都として機能したこの町には洗練された水路システムが作りだされ、人口のオアシスと言えます。


ジェッダ(サウジアラビア) – 3つの寄港地観光:

サウジアラビアで 2 番目に大きな都市であるジェッダは、歴史とモダンが融合しその全てを味わうことができます。文化と歴史の都市ツアーでは、何世紀にもわたる現地の伝統を旅することができます。 ヘグラの考古学的遺跡は、サウジアラビアで最初のユネスコ世界遺産となり100 以上のモニュメントがあります。アルウラの古代都市はヒジャーズ山脈の砂漠地帯に位置し、何世紀にもわたって巡礼者、旅行者や定住者達が集まりました。古代遺産に囲まれたアルウラの旧市街は10 世紀にさかのぼる城塞に囲まれ、約 900 軒のレンガ造りの家、400 軒の店、雰囲気のある路地や迷路のような広場があります。 


ヤンブー(サウジアラビア) – 4つの寄港地観光: 

「サウジアラビアのダイビングの首都」として知られるヤンブーは、冒険を求める方にはシュノーケリングができ、サンゴ礁、万華鏡のように美しい魚、海洋植物、沈没した英国船アイオナ号を楽しむことができます。世界で最も素晴らしいサンゴ礁システムのいくつかがある、ヤンブーの透き通った海でアドベンチャースイミングをお楽しみください。バリディ島では人里離れた場所で太陽の光と透き通った海を眺めながら、リラックスして楽しいひとときをお過ごしいただけます。



MSCスプレンディダの詳細についてはこちらからご覧いただけます





本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目3番27号スハラ六本木ビル1F 
電話: 03-6230-9104 FAX: 03-6230-9107 
ウェブサイト(www.msccruises.jp)