News

MSCクルーズ英国サウサンプトンにて、華やかなMSCベリッシマの命名式を開催

2019/03/06


  • ハリウッドスター、ソフィア・ローレンが名付ける14隻目のMSCクルーズ客船
  • ミシュランスターシェフ、レイモンド・ブランとの提携を発表 
  • アンドレア&マッテオ・ボチェッリのパフォーマンス


[2019年3月2日、英国サウサンプトン] 3月2日夜、最新の客船 MSCベリッシマがMSCクルーズの艦隊に正式に加わりました。サウサンプトン港にて華やかで伝統的な命名式典が開催されました。MSCクルーズと親会社であるMSCグループのトップ経営者に加え、スター、VIP、主要な旅行会社パートナー、そして国際的メディアが参加しました。MSCグループ創設者、船主であるジャンルイジ・アポンテとその一族、及びアポンテ・ヴァーゴ一族参列のもと、MSCクルーズのゴッドマザー、ソフィア・ローレンにより、14隻目の客船は正式に命名されました。優雅でグラマラスなハリウッド伝説のスターによる命名はまさにこの客船にふさわしいものです。


またMSCクルーズは同日、世界で最も優れたシェフの一人、レイモンド・ブランOBEとの新しいパートナーシップを発表しました。イギリス料理界に素晴らしい影響を与えた、ミシュラン2つ星シェフとのパートナーシップを記念し、VIPゲストはヨットクラブレストランでのガラディナーで、シェフが考案した料理を堪能しました。これはMSC クルーズとの新しいコラボレーションの始まりであり、今後、シェフはエレガントディナーのメニューを考案します。


レイモンド・ブランは、次のようにコメントしています。「エレガントディナーのメニュー開発を含むいくつかのエキサイティングなプロジェクトでMSCクルーズと協力していくことを本当に楽しみにしています。私たちはお客様の体験を向上させることに共通の情熱を持っています。お客様にとって本当に思い出に残る瞬間を共に生み出していきたいと思っています。」


イベントの進行役は、英国ITV司会者であり、スターであるホリー・ウィロビー(Holly Willoughby)が務めました。世界的に有名なテノール歌手、アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)とマッテオ・ボチェッリ(Matteo Bocelli)もステージで歌を披露。ボチェッリ家とは、イギリス・ドーバーで開催されたMSCポエジアの命名式典にアンドレアが初めて参加した10年以上前から長年のパートナーシップを築いています。 また、客船の就航イベントとしては初、洋上のシルク・ドゥ・ソレイユによる特別なパフォーマンスも披露されました。


MSC ベリッシマはメラビリアクラス2隻目となる客船で、あらゆる季節に対応する客船として設計されています。また、世界初バーチャル・パーソナル・クルーズアシスタント、ゾーエ(ZOE)を導入しており、お客様中心のサービスを提供する技術を含む豊富な機能を備えています。 もう1つの重要なハイライトは、MSCクルーズだけの2種類の新しい洋上のシルク・ドゥ・ソレイユ・ショー、シーマとバレリアです。


シーマ(SYMA) - 想像を超えた航海が、想像力に満ちた、若い船乗りの壮大な旅にあなたを連れて行きます。

バレリア(VARÉLIA )- 色彩豊かな愛の物語が、伝統的な中世の世界観に未来的なアレンジを加えます。


その他の主な特長は次のとおりです。 - 12のレストランと20以上のバーやラウンジがあり、新しいフランス料理スペシャリティ・レストラン「ラテリアビストロ」をはじめとする様々なお食事体験を提供します。また、独創的でエレガントなチョコレートの創作とデザートで名高いペストリーシェフ、ジャン・フィリップ・モーリーのチョコレート&カフェは、甘党に方に絶賛されるでしょう。


- パートナーのレゴとキッコによる子供向けのアクティビティやサービスを提供する受賞歴のある家族向けサービス、専用のファミリーデッキエリアがあります。

- MSCヨットクラブは、3つのデッキに豪華なキャビン、専用施設、24時間バトラーサービスをご用意。 

- 船内のソーシャル・ハブになるよう設計された長さ96メートルの地中海スタイルのプロムナード(遊歩道)には、洋上最長の長さ80メートルのLEDスカイスクリーンがあります。 

- お客様のあらゆるニーズを満たす快適で革新的な宿泊施設。10種類のキャビンから選ぶことができます。 


最新テクノロジーを提供するだけでなく、MSCベリッシマには、環境への負荷を削減するための多くの環境機能と革新的な技術が搭載されています。 姉妹船MSCメラビリアと同様、排ガス浄化システム、先進的な排水処理システム、 機械室から熱を回収するスマートヒーティング、換気および空調システム(HVAC) 、大幅な省エネルギーを実現するLED照明とスマートデバイスを搭載しています。これは、持続可能な方法で洋上での最高の休暇体験をお客様に提供するというMSCクルーズのコミットメントの一端です。 


MSCベリッシマは就航初シーズンを地中海にて航行し、この地域で最も人気のある港へ寄港する7泊のクルーズを提供します。2019年/ 2020年冬季にエミレーツへ配船、その後、2020年には日本を含むアジアに配船される予定です。 


MSCベリッシマの詳細はこちらをご覧ください。

またご予約については旅行代理店にお問い合わせください。


【MSCクルーズについて】

MSCクルーズはヨーロッパ、および南米でマーケットリーダーとしての地位を確立しています。年間を通じて地中海、カリブ海を航行、また季節により北欧、大西洋、キューバ、アンティル諸島、南米、南アフリカ、アブダビ・ドバイ・インドに配船。 2014年に成長の第2段階である投資計画を発表し、メラビリアクラス2隻とシーサイドクラスを発注しました。そして、2016年2月にはメラビリア・プラスのオプション2隻の発注を確定し、供給量の増加を図りました。2016年4月には、次世代のLNG推進技術を搭載した4隻を建造する意向書の調印が発表され、投資額は90億ユーロに達します。2017年11月、当社は2021年に1隻のスロット予約契約を締結し、2023年に2隻目のシーサイドEVO船のスロットを確保し、総投資計画は総額100億ユーロに達しました。MSCクルーズはこのような期間と規模の投資計画を策定する世界初のクルーズラインブランドで、2017年から2020年までに6隻の新造船を納入する予定です。 MSCクルーズでは、地中海のエレガントな側面を体現し、世界の文化、美しさ、味覚の発見を通して、乗客にユニークで忘れられない感動を提供します。現在、16隻の最新鋭客船を保有しています―MSCベリッシマ、MSCシービュー、MSCシーサイド、MSCメラビリア、MSCプレチオーサ、MSCディヴィーナ、MSCスプレンディダ、MSCファンタジア、MSCマニフィカ、MSCポエジア、MSCオーケストラ、MSCムジカ、MSCシンフォニア、MSCアルモニア、MSCオペラ、MSCリリカ また、高い品質管理と環境保護を認められ、ビューローベリタスより「7つの金真珠」賞を始めて受賞した企業です。また、2009年よりユニセフと永続的なパートナーシップを開始し、世界中の子供を支援するさまざまなプログラムを支援しています。これらの活動に賛同する乗客からの寄付により、これまでに700万ユーロ以上を支援しています。



本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 

株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部/担当 富岡 

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目3番10号 虎ノ門きよしビル2F

電話03-5405-9401 FAX03-5405-9212 ウェブサイト(www.msccruises.jp)