MSC & マレヴィーヴォのパートナーシップ:持続的な環境保全活動

MSC & マレヴィーヴォ

MSC & マレヴィーヴォ
MSC & マレヴィーヴォ

マレヴィーヴォは1985年に発足したイタリアの海洋保護団体です。科学技術団体、法律団体、地域代表団、ダイビング・ディビジョン、そしてボランティアやメンバーによる支援により世界中で活動を展開しています。
 
マレヴィーヴォは環境教育と平行して行なっている公害対策や密漁対策など、世界中の環境維持開発海洋保護区における生物多様性の保全への取り組みを行ないながら、私達の貴重な財産-海を保護する活動に力を入れています。
 
MSCクルーズマレヴィーヴォは2015年より提携し、若い世代へ海への敬愛の動機づけ及び持続的な文化を広める為の校内・校外学習を行なっています。
 
当プロジェクトは長期に渡る環境保護活動であり、未来の世代と共に行なう事が重要です。このことにより、将来"イルカのガーディアン(保護者)"となり得る学童を対象とした海のモニタリング及び調査活動を展開し、様々な団体によって守られている事実を強固なものにしています。

シーガル・ドルフィン

シーガル&ドルフィン・プロジェクト

エオーリエ諸島(リパリ、サライナ、ブルカノ島、ストロンボリ島、パナレア島、アリクジ島、フィリクジ島)、エーガディ諸島(ファヴィニャーナ島、レヴァンツォ島、マレッティモ島)、ラ・マッダレーナ島の小学生達が、マレヴィーヴォのスタッフの案内により開催された、ビーチ及び海の調査プロジェクトに参加しました。更に、島の職人や年長者から岩に隠された秘密や地中海の花について学ぶ為の"学校へ行こう"プロジェクトも開催されました。

シーガル&ドルフィン・プロジェクト

#Mybluewave Experience

Articles[0].Title

#Mybluewave Experience

環境保護とは何かを、実際に体験(特に休暇の間に!)しながら、より分かりやすく、より楽しみながら学べる様に、MSC客船では持続的な意識向上活動が行なわれています。
海への情熱と敬愛の気持ちを持つMSCクルーズにご乗船の全てのお客様の象徴であるブドウの木。これを育てる為に、MSCマレヴィーヴォが一連の教育目的のゲームや教材を共同開発した理由もここにあります。

 

MSCの各客船には海にフォーカスした"#Mybluewave Experience(マイ・ブルーウェーブ・エクスペリエンス)"の日が設けられており、ミニ&ジュニアクラブの子供達が以下の多種多様なアクティビティに参加する事ができます。

 

  • Blue watching (ブルー・ウォッチング)
  • The Hunting Game (ハンティング・ゲーム)
  • How big is the sea? (海はどれくらい広い?)
  • The Memory at Sea Game (シー・ゲームのおもいで)
  • #Mybluevideo with teens (マイ・ブルービデオwithティーンネイジャー)