MSCクルーズとユニセフ

ユニセフの為に -MSCの取り組み

希望と教育をもたらす

今やプラスチックは、世界で最も高い山や川、海の最深部に至るまで汚染を広げています。子供たちは未来そのものですが、教育がなければその可能性の芽をつむことになってしまいます。コートジボワールで行われている革新的なユニセフのプログラム「Plastic waste to schools(プラスチック廃棄物を学校に)」では、この2つの問題に効率的に取り組み、貧困との闘いと女性のエンパワーメント支援を同時に行います。
 
MSCユニセフとパートナーシップを結び、唯一の資金提供者としてこの強力で革新的なプログラムに参加し、環境の浄化や、コートジボワールの子供たち、女性、そしてそのコミュニティの生活を変えようとしています。
共に力を合わせて私達がサポートを行えば、未来への希望を生み出し、子供の命という奇跡が、その可能性を決して奪われないようにできるのです。


インフォグラフィック資料(PDF形式、英語)をダウンロードする

プログラム:プラスチック廃棄物を学校に

Articles[0].Title

プラスチック廃棄物を学校に

MSCは、コートジボワールにおける革新的で多岐にわたるユニセフのプログラムでパートナーシップを結んでいます。環境保全や貧困削減、女性のエンパワーメント、そして子供の教育を組み合わせたプログラムです。現在、コートジボワールではプラスチック廃棄物のうちたった5%しかリサイクルされておらず、廃棄物収集者(主に女性)は貧困のサイクルから抜け出せないでいます。3歳から5歳の子供の87%が教室不足で学校へ行くことができないため、彼女たちは、仕事場であるごみ捨て場に子供たちを連れて行かなくてはなりません。そして子供たちは生活に不可欠なスキルを身につける機会を失っています。「プラスチック廃棄物を学校に」プログラムでは、廃棄物収集者に適正な価格を定期的に支払って彼女たちを貧困から引き上げ、一方でプラスチック廃棄物をリサイクルして革新的な建築用レンガを作り、切望されている教室を低コストで建設します。

運営団体:UNICEF(ユニセフ)‐国連児童基金

支援対象国:コートジボワール

プログラム名:プラスチック廃棄物を学校に

プログラム:女性のエンパワーメントを実現するリサイクル市場の育成。プラスチック廃棄物をリサイクルして、安全で耐久性が高く低コストな建築用素材にし、新しい教室を建設することから開始する。

支援戦略:女性のエンパワーメントを実現し、環境を浄化しながら、教室を建設

影響:環境保全、教育、コミュニティ支援

期間:2019年~2021年

目標:環境を浄化し、毎年66人の女性が貧困から抜け出せるように375万USドルを調達します。88万kgのプラスチック廃棄物を革新的な建築用レンガにリサイクルし、コミュニティで152の現代的な教室を低コストで建設し、8,360人を超える子供たちが学校に通えるようにします。

プログラム:調理不要な栄養補助食品

Articles[0].Title

ユニセフによる子供の栄養失調対策支援プログラム

Plumpy’Nut®は、WHO(世界保健機関)によって承認された重篤な急性栄養失調治療のための調理不要な栄養補助食品です。病院に行かずに、家で6週間摂取することで危険な状況から脱することができます。ユニセフは子供たちの発育を見守り、栄養を提供し、医療相談を行うなど、総合的な家族救済プログラムを行っています。調理不要な栄養補助食品は、できる限りそれを必要としている国で、その土地の作物から生産するようにしています。これにより地域経済を二重に活性化し、コミュニティに力と希望をもたらすことができるのです。MSCとユニセフのパートナーシップは、世界中の危機的状況や緊急事態に対して調理不要な栄養補助食品を提供し、今までに10万人近くの幼い命を救ってきました。

運営団体:UNICEF(ユニセフ)‐国連児童基金

支援対象国:後発発展途上国、及び危機的な状況下にある、あるいはその状況の直後の国

プロジェクト:Plumpy’Nut®といった調理不要な栄養補助食品の提供による子供たちの救済。

栄養補助食品は、通常の食品では効果がなかったり、リスクを伴ったりする場合に重度の栄養失調治療で使用される完全食のソリューションです。

概要:調理及び加水が不要でパッケージを開ければすぐに食べられる、ピーナツを主原料として栄養を強化した完全食品なので、あらゆる状況で子供たちへの提供が可能。

対象年齢:生後6か月より

支援戦略:調理不要な栄養補助食品を子供たちに提供、医療状況の把握や、地域における栄養及び健康相談を実施して家族を支援。

私達にできること

共に希望を

ユニセフの救済プログラム支援を誇りに思っている MSC は、ゲストの皆様にもこの支援プロジェクトをご案内しています。住んでいる地域や、私達自身が親であるなしに関わらず、私達の共有する地球が危機に瀕していることを理解しており、子供たちは未来そのものであり、最善を尽くされるに値すると知っているからです。

私達にできること
1ユーロ(又は1.5ドル)の寄付によって環境を浄化し、コートジボワールの子供たちや女性、そしてコミュニティの生活を変え、彼らや私達自身に未来への希望を与えることができます。
 
更にご支援頂くには
ご希望があれば、寄付金に上限はありません。頂いたすべての寄付金が、明るい未来を築くレンガのひとつになります。そして、寄付の全額がこの素晴らしいプログラムに直接送られます。
   
 
共に希望を

世界中のお客様と共に成し遂げたこと

1,000万の、そして更に増え続けている笑顔

お客様の善意のおかげで、2009年に「Get on Board for Children(子供たちのために船に乗ろう)」パートナーシップが開始して以来、人生を変える様々なユニセフのプログラムに対し世界中ですでに1,000万ユーロを超える募金が寄せられました。私達はこのことを誇りに思います。
 
この期間中、MSC for UNICEFは約10万人の子供たちを深刻な急性栄養失調から救いました。その多くが治療前には死の危機に瀕していました。また、アフリカのマラリア撲滅に貢献し、ブラジルでは子供や若者が学校へ行けるように支援してきました。
 
この成果は、世界中に寛容のほほえみを広げ、驚くほどの違いを生み出してきたお客様と共に成し遂げられたものです。

I CAN BELIEVE

新しいオフィシャルソング

MSCクルーズとユニセフは新しいオフィシャルソングをリリース。ユニセフの認知度向上の為にイタリアの子供合唱団が歌う"I Can Believe - MSC for UNICEF"のサウンドトラックは、 子供達を対象としたユニセフ・デイの認知度向上の為の取り組みの一環として船内で開催されるMSC フォー・ユニセフ・キッズ・パレードにて演奏されます。"