基隆/台北クルーズ

台北101で雲の上へ
蒋介石を追悼する89段の階段
国立故宮博物院で見る八千年の歴史

アジア クルーズを検索

基隆/台北

古代と現代が出会う都市

台湾最大の都市、台北は人口260万人を超える台湾の首都です。


台湾を支える台北は政治の中心であることはもちろん、台湾の文化と商業の中心地でもあります。MSC クルーズは、日本文化と中国文化、そして古代と現代が自然な共存を見せる街を訪れます。


台北 101は、文字通り101階あることから名づけられた街のシンボルです。信義区に建つタワーの最初の名称は「台北国際金融センター」でした。2004年に建てられた一際高い建物を、MSC 寄港地観光で訪れることが出来ます。509メートルの高さの竹をイメージした外観をもつ建物は、2004年時点では世界一高いビルでした。現在の世界一位はドバイのブルジュ・ハリファとなり、台北 101は5位になりました。


中正紀念堂も、寄港地観光の目的地の一つです。白い建物の八角形の屋根の色には国旗の青が使われ、自由、平等、同胞愛を象徴しています。指導者蒋介石の享年を示す89段の階段、中国式庭園と台湾の文化を収蔵する建物に囲まれています。20世紀で最も重要な記念碑の一つとされる記念館は1980年に完成し、1950年から1975年まで中国国家主義政府主席を務めた指導者の物語を伝えます。


MSC 寄港地観光では、石器時代から現在に至る八千年の中国の歴史と芸術に関わる70万点以上の所蔵品を誇る国立故宮博物院を訪れます。この博物院はかつて、北京の紫禁城にありました。1949年、中華民国政府とともに台北市の士林へと移り、その後、現在の建物が建設されました。

Discover excursions in Keelung/Taipei