ダナンクルーズ

ダナン博物館の400を超える彫刻
フエ王宮
色彩豊かなホイアン

MSCワールドクルーズ

ダナン

ダナンの古代テラコッタ

ハン川の入り口を望むダナンはMSCクルーズでも人気の寄港地です。 フランスの植民地時代にはトゥーランと呼ばれたこの大都市はべトナミの中心に位置し、135万人の市民が住んでいます。この国の経済、文化、芸術の中心地です。


ダナンでの寄港地観光ではダナン・チャム彫刻博物館を訪れます。約1000年前の古代のベトナムの文明であるチャム文明によって作られたこれらの彫刻はテラコッタ、銅、砂岩で出来ています。これらの貴重なコレクションは400を超え、ヒンドゥー教の重要な神々であるブラフマンやシヴァにささげられたものです。


フオン川沿いに位置し、1993年にユネスコ世界遺産に認定された古代ベトナムの首都であったフエの名残を訪れる寄港地観光では、古代の北京を彷彿とさせる入り口から皇帝が内縁の妻たちと暮らした紫禁城へとゲストをお連れします。この地域はベトナム戦争時にアメリカの空爆により大きな損傷を受けました。


1999年にはホイアンの旧市街も世界遺産に認定されました。16、17世紀の間、この都市はヨーロッパの商人によってファイフォと呼ばれ、トゥボン川の河口という好立地からベトナムの商業の中心でした。カラフルな家々、赤いランタン、交通のない細い路地と咲き乱れる花々がこの地を訪れる寄港地観光を忘れられないものにします。

ダナンでの寄港地観光