オラニエスタッド

カラフルな古い住居
壮大な洞窟
カリブ海で最も美しいビーチ

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

オラニエスタッド

冒険に最適な荒削りなままの島

カリブ海の南に位置するアルバは砂漠のような景色と風によって成形された木々、自然の岩、そして息を呑むビーチで知られます。この土地は探検とオフロードトレッキングに最適です。


• UTVツアー

• アルバの未開の地

• シュノーケリングと日光浴



MSCクルーズのカリブ海クルーズで訪れるオラニエスタッドはオランジュ公であり初代オランダ国王であったウイリアム一世から名づけられました。免税の港でも知られるこの地ではチャーミングなオランダ植民地時代の建造様式が現代のモダン建築と融合しています。


アルバでは植物は多く育ちませんが、暖かく乾燥した気候はアロエの栽培に最適です。MSCクルーズの寄港地観光ではアルバのアロエミュージアム&ファクトリーを訪れます。ここでは島の160年に及ぶアロエ栽培について学ぶことができます。


刺激的な冒険をご希望の方はMSCクルーズの寄港地観光でUTVに乗ってアルバの未開の地を走り抜けることができます。沿岸を進みながら、アルト・ビスタ・チャペルや19世紀のゴールドラッシュの名残であるブリシバーナ金鉱跡、1891年に近郊で不運にも沈没した船の船名が由来の20世紀初頭に建てられたカリフォルニア灯台を訪れます。舗装された道を走るMSCクルーズ寄港地観光では上記の場所に加えてカシバリの岩石層もしくは島の中央に位置する巨大な閃緑岩の玉石を訪れます。


”自然のアルバ”を楽しむMSCクルーズの寄港地観光では蝶園を訪れてから数々のアルバ特有のジビジビ木とサボテンを通過したのち、アルバの自然の橋へと向かいます。この橋は固いサンゴが打ち寄せた波によって削り出され形成されました。


のんびりと過ごしたいゲストはアラッシ・ビーチパーム・ビーチにてお寛ぎできます。シュノーケルをご希望の方には双胴船で行く寄港地観光にてボカ・カタリナとカリブ海随一のダイビング・シュノーケリングスポットである第二次世界大戦の難破船”アンティラ”を訪れます。

Must see places in Oranjestad

Discover our excursions

    アルバ

    温かく柔らかなビーチ
    温かく柔らかなビーチ

    クルーズ船がアルバに近づくと、背の高い枝付き燭台の形をしたkudushiというサボテンがまず最初に目に入ります。これが、このカリブ海の島に、カウボーイ映画で目にするアメリカ西部のような雰囲気を与えています。

    長い葉っぱのような形をした島アルバベネズエラの沿岸から19海里の場所にあり、世界で最も魅力的なビーチがあります。 白い砂浜が8キロメートルにわたって延びるパーム・ビーチは『マイアミ・ヘラルド』紙によって世界で最も美しいビーチトップ10に選ばれました。

    アルバでのバカンスはビーチだけでは終わりません。熱帯のラスベガスと呼ばれる、オラニエスタッドのカジノもお見逃しなく。 ウィンドサーフィンの愛好家は、カジノに向かう代わりに島の最東端のフィッシャーマンズ・ハット、あるいはマンチェボ・ビーチかボカ・グランデに向かうでしょう。 海辺で1日過ごしたら、セント・ニコラスにあるチャーリーズバーで1日の終わりを満喫しましょう。カリブ海でトップ10に入るこのバーの壁には、額や思い出の品々がぎっしりと飾られています。

    ヤマノタの近くにあるアリコック国立公園の白い砂丘の真ん中では、注意深く見ていると、野生のヤギやロバ、イグアナが見つかります。アルバの砂漠クヌクには、国の木に指定されているディビディビがところどころに生えています。 ブシリバナとバラシの間では、19世紀の始めに鉱山が発見され、1世紀以上にわたって金が採掘されていました。金採掘者の街が荒廃した状態で残っており、哀愁を漂わせています。