ブリッジタウン

ギャリソン歴史地区
壮大なハリソンズ鍾乳洞
透明な海と植民地様式の建物

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

ブリッジタウン

豊かな自然、植民地時代の文化


•    ギャリソン歴史地区
•    ハリソンズ鍾乳洞 
•    パイレーツ・コーブ ビーチ


MSCクルーズのカリブ海クルーズで訪れるバルバドスの旅は首都ブリッジタウンから始まります。カリブ海のこの小さな町はたくさんの魅力が詰まっていますが、特に植民地時代の建築である国会議事堂、ネルソン提督の像が鎮座するナショナル・ヒーローズ・スクエアがお勧めです。


バルバドスではクリケットや乗馬、ポロを嗜む文化や、アングリカンチャーチ、スコットランドと呼ばれる丘の広がる地区、英国由来の地名など、植民地時代からの英国の雰囲気を今も残します。
一方では、パッチワークのようなサトウキビ畑や点在するラム酒店など、西インド諸島らしい風景も楽しむことができます。


ユネスコ世界遺産であるギャリソン歴史地区は、18世紀から19世紀にかけての壮大な建築物や世界でも稀な砲台のコレクションなど、寄港時には必見の場所です。
この地区にはアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンが若かりし頃の6週間を過ごしたジョージ・ワシントンハウスもあります。


海抜240メートルに建てられたセント・ジョーンズ教会は最古のバルバドス風ゴシック様式の教会が5回の改装を経たもので、その歴史は1836年まで遡ります。教会内には18世紀のイギリス人彫刻家リチャード・ウェストマコットの作品が収められ、庭にはコンスタンティノス11世(後のローマ帝国最後の皇帝)の兄弟の子孫であるフェルディナンド・パレオログスの墓地があります。



島の歴史を知るにはMSCクルーズの寄港地観光でセント・マイケル地区にあるバルバドス・ミュージアム&ヒストリカル・ソサイエティーを訪れましょう。そして落ち着いた郊外のセントフィリップでサンベリー・プランテーションハウスを訪れ、1650年代から続くプランテーション大農園での実際の生活を知りましょう。


セント・トーマス地区のハリソンズ鍾乳洞では、自然の作り上げる鍾乳石や石筍、蒸気、湖、滝などの幻想的な空間をお楽しみいただけます。また、洞窟の一つは岩へ反射する光が眩く輝やくことから“クリスタル・ルーム”と呼ばれています。


バルバドスの美しいビーチの一つであり、ブリッジタウンからも近いパイレーツ・コーブはヤシの木、ビーチハット、白い砂浜に透き通った海とリラックスに最適な場所です。


潜水艦アトランティスに乗船して水中深くを行くツアーでは、サンゴ礁や海深くの美しさをお楽しみいただけます。

Must see places in Bridgetown

Discover our excursions

    バルバドス

    大西洋の境界で楽しむ食事、ワイン、ラム酒、
    大西洋の境界で楽しむ食事、ワイン、ラム酒、

    MSCのカリブ海クルーズでは、バルバドスブリッジタウンで下船していただきます。

    300年以上にわたり英国植民地であったバルバドスは、当然ながら、地名、クリケット、競馬やポロ、英国国教会など、英国の雰囲気を今も留めており、スコットランドという名の丘陵地まであります。 英国らしさが残るとは言え、ここは明らかに西インド諸島の国であり、サトウキビ畑があちこちに広がり、小さなラム酒の店が点在します。 音楽はカリプソで、名物料理はトビウオ。アメリカからもヨーロッパからも影響を受けています。 そしてバジャンと呼ばれるバルバドスの人々は、訪れる人をあたたかく迎え入れてくれます。 バルバドスの歴史を垣間見ることのできる場所としては、懐かしさを感じるプランテーション・ハウスや色鮮やかな植物園、誇り高き軍の要塞や信号所などがあります。 首都ブリッジタウンでは、見ごたえのある国立博物館や、バーやクラブが、訪れる人を楽しませてくれます。

    そして、忘れてはならないのがビーチ。アックラ・ビーチマリンズ・ベイなどの比較的混み合うビーチから、島の南東にあるボトム・ベイなど、規模は小さくてもヤシの木が茂る美しいビーチがあります。