ロードタウン

サトウキビとラム酒工場
のどかな入り江とビーチ
スカイワールドからの見事な眺望

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

ロードタウン/トルトラ島

新緑に覆われ、隠された港


• ケーン・ガーデン・ベイ

ノーマン島でのシュノーケリング

ヴァージン・ゴルダ島のザ・バス 



MSCクルーズのカリブ海クルーズでバージン諸島最大のトルトラ島に到着すると、なぜここが海賊たちに選ばれたのかがすぐに理解できます。隠れた洞窟や守られた湾、新緑に覆われた山々にパウダーホワイトのビーチは海賊たちの隠れ家に最適だったのです。


この美しい島は今も人々を引き付けます。首都のロードタウンはヨットのチャーターや豪華な観光、オフショア金融で有名です。また大規模なサトウキビ農園で栄えた植民地時代のイギリスとオランダの強い影響を垣間見ることができます。メインストリートはショッピングの中心であるだけでなく、いくつかの歴史歴建造物もあります。1800年代の郵便局やセントジョージスアングリカン教会、ブリタニックホール、 バージン諸島民俗博物館などです。イギリス領ではありますが、アメリカドルがトルトラでの主要通貨となっています。


トルトラを知るにはMSCクルーズの寄港地観光が最適です。バスツアーではロードタウンを抜け、 ロングトレンチ、ファヒーヒルを訪れます。その後は北側の海岸沿いを走り、美しいケーン・ガーデン・ベイへ向かいます。この穏やかな湾では透き通る水を好きなだけ堪能できます。道中の美しい景色は常に写真撮影スポットです。好きなだけ美しい景色を写真に撮り収めましょう。


更に刺激的な冒険には4x4アイランドツアーがお勧めです。サファリスタイルのツアーでは緑豊かな島の大地を走り抜け、見たことのない絶景に出会うことができます。またバージン諸島の南端に近いノーマン島ではシュノーケリングを満喫できます。この島はロバート・ルイス・スティーブンソンの「宝島」の元になった場所です。また近くにあるヴァージン・ゴルダ島へボートで移動し、ザ・バスと呼ばれる人気のビーチを満喫できる寄港地観光もあります。自然の美しさを感じ、色彩豊かな魚に触れ、海によって削り出された花崗岩が作り出す不思議な自然のプールやトンネル、洞窟や洞穴などを見ることができます。

Must see places in Road Town

Discover our excursions

    イギリス領ヴァージン諸島

    海に浮かぶ休息の地
    海に浮かぶ休息の地

    イギリス領ヴァージン諸島では、公衆電話ボックスはロンドンのように赤く、車は左側通行で、地元を代表する飲み物は英国海軍将校に人気のラム、「パッサー」です。

    クルーズでイギリス領ヴァージン諸島に降り立つと、ディスコの他にも、パブやスティールバンド、ターコイズ色の海に面したベランダをもつ植民地様式の住宅が多数、目に留まることでしょう。 神秘的なフランシス・ドレーク海峡に点在する約100の小さな島々から成るイギリス領ヴァージン諸島は、セーリング好きの人々に最も人気のある島のひとつであり、島々を取り囲む海ではしばしばレガッタが開催されます。

    本島であるトルトラ島からモーターボートで数分のところにあるソルト島は、1867年に嵐のために郵便船Rhoneが沈んだ場所です。ジャック・クストーによると、これは世界最大の難破船のひとつであり、ジャクリーン・ビセットが出演した「アビス」という映画の水中セットとしても使用されました。 11月まで、愛の歌を歌いながらヴァージン・ゴルダ島あたりを通過するザトウクジラが見られます。

    しかし、何といってもハイライトは、長さ20キロメートル、幅3キロメートルにわたって上質な白い砂浜が細長く伸びるアネガダ島でしょう。周囲をサンゴ礁で囲まれ、自然保護区に指定されています。この辺りは船がたびたび座礁する地域で、300近くもの難破船が海底に沈んでいることから、世界中のスキンダイバーがこれを目当てに集まってきます。