ウィレムスタット

狭い通りと一風変わった住居 
クリストッフェル国立公園  
いかめしいフォート・ビーケンブルグ

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

ウィレムスタット

ヨーロッパのセンス、活気のある文化、自然の奇跡


• 絵画のような町とユネスコ遺産

• ハト洞窟

• シェッテ・ボカ国立公園

• アムステルダム砦


オランダ領のカリブ海にある島キュラソーはベネズエラの海岸のすぐ近くです。起伏に富んだな海岸線や入江に隠れた秘密の砂浜、広大なサンゴ礁、不思議な洞窟、そして熱帯多湿と乾燥の2種類の気候を有するのが特徴です。



ヨーロッパの感性にあふれる首都ウィレムスタットはアートと料理、パステルカラーの植民地時代の建築物、美術館、そして人気の高まる港の経済効果が街全体に活気をもたらしています。



MSCクルーズのカリブ海クルーズでウィレムスタットに到着してからは現地の気候のように様々な寄港地観光をお楽しみ頂けます。文化を学ぶツアー、自然を楽しむツアー、ビーチツアー、ハイキングツアー、それとも両方?その時の気分に合わせてお選び頂けます。


ユネスコの世界遺産であるウィレムスタットでは路地を探検し、絵画のようなカラフルな色をまとった旧市街の街並みをご覧になれます。オランダ植民地様式の傾斜した屋根と、ピンク、ライトグリーン、ブルー、イエローの色合いが空と海の澄み切ったブルーとのコントラストを生み、まさにインスタ映えします。MSCクルーズの寄港地観光ではトロリーツアー徒歩でのツアーで町の名所を訪れます。


ウィレムスタットの2つの地域の間にあるセントアナベイには島で最も重要なアムステルダム要塞があります。1635年に建設された砦は現在、政庁所在地とプロテスタント教会、そして美術館を擁します。1769年に建立された教会は1804年にイギリスの軍艦に砲撃され、その痕跡は今も教会の南西側の壁に残っています。もう1つの砦ベークンブルグはカラカス湾を望む場所に1703年に建設されました。この砦は19世紀にフランス、イギリス、そして海賊を相手に活躍し、今でもカリブ海で最も保存状態の良い要塞です。



キュラソークルーズでは世界中で有名なキュラソー酒の製造所を訪れます。まばゆいイエローをまとったチョボロマンションでは古い蒸留所で蒸留についてを学びます。もちろん最後にはブルーのキュラソー酒をテイスティングできます。



異世界を体験できるのはウィレムスタットの北側への短いドライブでたどり着くハト洞窟です。道中で塩田やフラミンゴを見た後に、この自然の奇跡に出会います。ガイド付きのツアーでは石筍、鍾乳石、石灰岩の形成についてを学びます。運が良ければハナナガサシオコウモリを見ることもできます。



美しい海岸線を楽しみたいゲストにはドライブでプランテーション時代の家を横手に見ながら、島の北側の海岸線にあるボカ台地を訪れる寄港地観光があります。ここはシェッテ・ボカ国立公園の一部で、打ち付ける波が年月をかけて作り上げた美しい入り江やユニークな形に削れた岩を見ることができます。手つかずに残る10kmにも及ぶ海岸線の景色を満喫することができます。

Must see place in Willemstad

Discover our excursions

    キュラソー島

    塩湖と生い茂るサボテン
    塩湖と生い茂るサボテン

    カリブ諸島の中でも最も特異な島、 キュラソー島を訪れるチャンスをお見逃しなく。サボテンと常緑樹が特徴的な風景はアフリカのサバンナを思い起こさせ、塩湖にはフラミンゴが休息にやってきます。


    水中の環境カリブ海の他の島々と似ており、興味深いサンゴ礁が見られます。 ポルト・マリーのビーチの前では、サンゴ礁の保護と人工増殖のプロジェクトを見学することができます。 いわゆるABC」諸島(アルバ、ボネール、キュラソー)の他の島と同様に、ここではパピアメント語が話されています。 ポルトガル語、スペイン語、オランダ語、さらにはアフリカやアラワクに起源をもつ言葉が混じり合った美しいクレオール言語。それを耳にするだけでもひとつの体験です。 キュラソー島へのクルーズは、スペインとオランダの雰囲気が融合した植民地世界との出会いを意味します。

    ウィレムスタットには歴史的建造物が多くあり、その街並みはユネスコの世界遺産に登録され、保護されています。オランダの国外で、19世紀のオランダ建築が最も集中して見られる場所です。 ツアーでは、様々な植民地様式の豪邸や、西アフリカの村を思わせる、「kasdipal’imaishi」と呼ばれる奴隷のための住宅を見学することができます。