サンジョルジュ

19世紀のクレオール住居 
フランス軍の要塞ツアー
無数の滝

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

サンジョルジュ

スパイスの香る島


• 19世紀のクリオール住宅

• カカオプランテーションとナツメグ

• 滝とクリオールバスライド


MSCクルーズのカリブ海クルーズでサンジョルジュにつくと、クローブ、シナモン、ナツメグなどのスパイスの香りに迎え入れられます。グレナダの首都であるサンジョルジュは”スパイスの島”と呼ばれ、ナツメグがグレナダで有名な特産物です。ナツメグは国旗にも入れられています。


1600年代にフランスが原住民を衝突で追い払い植民地としたグレナダは、1762年にイギリスに奪還され、1974年の独立までイギリスの植民地でした。



サンジョルジュには美しい景色、植物園、公園や天国のようなビーチがあります。特に有名なのがグランアンスビーチです。

MSCクルーズの寄港地観光では馬蹄型の港カレナージュから首都の迷路のような路地を周ります。絵画のような19世紀のパステルカラーのクリオール住宅は煉瓦とブロックで構成され、屋根は船のバラストを再利用したタイルが使われています。


ダガルストン・エステートを訪れる寄港地観光では数々のスパイスと出会い、島の香りを感じることができます。グヤヴェにある300年の歴史を持つカカオプランテーションではスパイスやカカオを乾燥させる様子やどのような行程で種の実からスパイスが作られるのか、またシナモンがどのように木の樹皮から採取されるのかを学びます。その後には古くからあるすべてが手作業のナツメグ共同工場を訪れます。


グレナダは美しい滝でも有名です。その一つで最も美しいとされるのがアナンデール滝でサンジョルジュより10kmほどの距離にあります。山々の植物に覆われ、隠されたこの滝は高さ10mから木々の間を水が流れ落ちます。そしてこの滝の作る自然の滝つぼでは泳ぐこともできます。



グレナダの歴史はクリオールバスライド寄港地観光で感じることができます。迷宮のような急な坂道を登って18世紀のジョルジュ要塞フレデリック要塞からパノラマを楽しみます。この要塞のあだ名は”後ろ向きの要塞”です。なぜかというと砲台が海ではなく陸を向いているからです。

Must see places in Saint George

Discover our excursions

    グレナダ

    スパイスの香り
    スパイスの香り

    グレナダに客船が近づくとまず目に入るのが、内陸に広がる緑の丘陵地です。 スペイン人の征服者たちは、この丘を見てアンダルシア地方のグラナダを思い出し、その名をとってこの島をグレナダと名づけました。 今日、グレナダは「スパイス・アイランド」です。
    グレナダに滞在するとわかるように、この島にはシナモン、クローブ、ショウガなどの広大な畑が広がっています。中でも、素晴らしい植物と言われるナツメグは、林の中へのエクスカーションでしっかりとご覧いただきます。

    グレナダを訪れると、その配慮の行き届いた環境遺産に驚くことでしょう。 全国土が保護対象となっており、完全にあるいは部分的に保護されています。内陸の山々へのハイキングやトレッキングを楽しむ人々は、最高の環境を享受できます。 エコツーリズムの見どころは、西側のセント・ジョン郡と、南東のセント・デビッド郡です。

    ビーチが目的なら、首都のセント・ジョージズから遠くまで行く必要はありません。この島の南西部には、世界で最も美しい10のビーチのひとつと言われるグランド・アンス・ビーチなど、素晴らしいロケーションがあります。
    この3キロメートルにわたるビーチで物足りないなら、ランス・オー・エピン半島の海岸沿いや島の南端のモーン・ルージュ・ベイの海岸沿いにも白浜が広がっています。