モンテゴ・ベイ

ヒップ・ストリップ
ドクターズ・ケーブ
ローズ・ホール・グレート・ハウス

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

モンテゴ・ベイ

レゲエ, ジャーク料理とブラックミュージック


• ジャマイカ テイスティングツアー

• ドクターズ・ケーブ・ビーチ

• ローズ・ホール・グレート・ハウス


キューバから移動中にジャマイカを見つけたクリストファー・コロンブスは船をこの港に停泊し、湾を”晴天の港”と名付けました。現在ジャマイカで第2の都市であるモンテゴ・ベイは1655年にイギリスの植民地となりました。植民地時代の名残は至る所に見受けられます。街の石畳の道を進むとセントジェームス教会のようなカラフルな植民地時代の建築や、島の奴隷制の過去を垣間見れるサム・シャープ・スクエアと逃亡した奴隷を収容するザ・ケージを見ることができます。街の中心はグロスター通り、別名”ヒップ・ストリップ”に集約されています。土産物屋やバー、地元民に溢れています。


MSCクルーズのカリブ海クルーズでジャマイカの北西岸に到着したら、MSCクルーズの寄港地観光で地元民のように島を周りましょう。ゴー・ネイティブツアーではレゲエのリズムに乗って、現地の動植物を観察し、ジャマイカの料理を楽しみ、そしてポストカードのような砂浜を満喫することができます。



または別の寄港地観光では、美しいだけでなく1920年代には治癒の力がある水と信じられていたドクターズ・ケーブを訪れます。昔は入り口が洞窟で、且つ、医者のグループが頻繁に利用したことからこう名付けられました。ビーチでは白い砂と雄大なヤシの木、潮流から守られた透明な水を楽しむことができます。

 


ジャマイカはジャーク料理でも有名です。マーサ・スチュワートMSC専用寄港地観光では3つのレストランと喉を潤す地ビール工房を訪問し、味覚を刺激する食事の冒険をします。ジャーク料理に加えてハーバーストリート工芸市場、ラムパンチカクテル教室、カタマラン(双胴船)で湾を周る夕日クルーズが寄港地観光に含まれています。



または古いサトウキビプランテーション地主の大邸宅で行われた魔術、黒魔術、殺人、そして奴隷による主人への復讐など、いわくつきのローズホールマンションを探索する寄港地観光もあります。18世紀のジョージ様式とジャマイカのスタイルの融合したこのマンションはパルマー家の所有で、丘の上に位置することで海岸線を一望できます。邸宅にはアニー・パルマーの霊がいるとされています。ローズホールの白魔女とされた彼女は4人の配偶者とサトウキビプランテーションで働く幾多の奴隷を殺害しました。

Must see places in Montego Bay

Discover our excursions

    ジャマイカ

    美しい風景
    美しい風景

    美しく情熱的な国ジャマイカ。ビーチと音楽で有名ですが、その他にも数多くの魅力があります。 白い砂浜、ターコイズ色のカリブ海、ヤシの木がいたる所に見られますが、その他にも美しい山々や川、滝、サボテンの生えるサバンナの平原などもあります。
     
    単なるリゾートというだけでなく、無秩序に広がるキングストンを始め、活気あふれる街や都市がいくつもあり、ボブ・マーリーやその他の数え切れないジャマイカ育ちのレゲエのスーパースターにインスピレーションを与えてきました。
    ジャマイカは独自の文化を築いてきた誇り高き国です。その歴史に誇りを持ち、スポーツ界で成功を勝ち取り、音楽界の天才を生み出してきました。しかし、重大な責任も負っています。

    「オールインクルーシブ」のホテルを生み出した場所であるジャマイカは、客船からビーチへと直行したい旅行客にぴったりです。 しかし、ジャマイカへのクルーズの間に少しでもこの国について知ろうと思うなら、少し探検してみる必要があります。

    トップクラスのアトラクションが数多くあり、豊かな音楽と文化の伝統をもつ個性あふれるジャマイカは、一歩足を踏み入れるだけの価値が十分にあります。レゲエファンにとっては、まさに天国です。