フォールドフランス

ヤシの木と穏やかな波 
バラタ大聖堂
ラム酒蒸留所

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

フォールドフランス

フランスの歴史, 自然の美とラム酒


• バラタ大聖堂

• 植物園

• ラム酒蒸留所


小アンティール諸島のマルティニークは火山であるプレー山を始め、緑深い山々と美しい湾、砂浜が多くの旅行者を惹きつけます。またフランスと西インドの強い影響を受ける洗練された料理と文化が首都フォールドフランスを魅力的な街にします。公用語はフランス語ですが、多くの島民はアンティールのクリオール語も話します。EUのメンバーとして通貨はユーロが使用されています。



MSCクルーズのカリブ海クルーズでフォールドフランスに到着すると、傾斜の高い丘とカラフルな植民地時代の建物、華やかなバルコニー、トロピカルな花々が目を惹きます。寄港地観光で訪れるバラタ大聖堂はフランスのモンマルトルにあるサクレ・クール寺院のミニチュアレプリカです。ここからはフォールドフランスの街と湾の絶景を見ることができます。



マルティニークは現在の名称で知られる前はマディニーナ(花の島)と呼ばれていました。16エーカーに広がるバラタ植物園の敷地内では300種類のヤシの木や様々な熱帯の花、つり橋からの景色を楽しむことができます。



別の寄港地観光では1651年創業のラム酒造所ドゥパーズ蒸留所セントジェームズラム酒蒸留所&美術館を訪れ、ラム酒の製造法を学びます。また一般的な糖蜜ではなく、サトウキビを絞って摘出される新鮮な果汁を使って作られる伝統的なラム酒を味わうことができます。


そして1902年のプレー火山の噴火によって破壊されてしまったサンピエールの劇場の跡地を訪れます。現代のサンピエールはフランス第101番目の”芸術と歴史”の街となっています。

Must see place in Fort de France

Discover our excursions

    マルティニーク島

    色彩の爆発
    色彩の爆発

    おそらく、カリブ海クルーズの中でもっともカラフルな寄港地、マルティニーク。そのかがやくビーチは、まばゆい白から銀に近い黒まで変化を見せます。

    その驚くほど多彩な風景を体験するには、 マルティニーク島で、レ・サリン、ベ・デ・ザングレ、ル・フランソワのビーチを訪れましょう。 島の南東、アンス・ノワールの近くでは、白いビーチの横に黒いビーチが広がる光景を目にすることさえできます。

    海に背を向ければ、島の端から端まで様々な表情を見せている緑豊かな楽園が目に入ります。 北部には豊かな緑の山々が広がり、たくさんの小川とそれと同じぐらいたくさんの天然の滝がその中を横切っています。

    島の中心にある30の遊歩道をたどれば、プレー山、ピトン・デュ・カルベ、カナル・ド・ボールギャール、トラス・デ・ジェズイットをはじめとする様々な場所を訪れることができます。 島を代表する飲み物、 ラム酒も忘れずにお試しを。島にある11か所の異なる蒸留所で生産されています。

    ラム・ロード」沿いにある蒸留所では、さとうきびから作られるこの蒸留酒の特徴や特性、また、さとうきびの刈り入れに始まり、各工程でどのような選択をするかによって、この香り高い飲み物の味わいにどう影響するかを学ぶことができます。