コロン

サンロレンソ要塞
ガトゥン湖の水辺
ポートベロのターコイズ色の湾

カリブ海 & アンティル諸島へのクルーズを検索する

コロン

パナマ運河、大自然と先住民

パナマ運河で知られるパナマは中央アメリカと南アメリカ、カリブ海と太平洋を繋げます。パナマ運河は1914年に開通して以来、160ヶ国と1700の世界の港を繋げ、航海時間を大きく短縮しています。巧みな技術と称えられる閘門式の人工水路であるパナマ運河は20世紀最大の功績としても知られています。 



MSCクルーズのカリブ海クルーズでパナマの都市コロンを訪れると、自然と人工が共存するのを目の当たりにします。コンピューター制御の大きなコンテナ船が蛍光カエルや山猫の住みかである原始的な雨林の間を通過する様子はまさに古代と近代の融合です。 


MSCクルーズの寄港地観光では様々な体験ができます


•運河ツアー  

•パナマ市街観光

•トゥー・オーシャン鉄道



パナマ運河フェリーツアーでは、湖や岩山を越えながらパナマ運河の全行程を渡ります。センテニアル橋、アメリカ橋を通過し、運河の玄関口であるパシフィック港までをフェリーで渡り、帰りはバスで約1.5時間かけて船へと戻ります。 




首都パナマシティーでの市街地ツアーでは、近代とコロニアル様式の建物が融合した街並みをご覧いただけます。またツアーではコロニアルシティとしても知られるカスコアンティグオも訪れます。元々はパナマの首都であったカスコアンティグオには大聖堂や国立劇場、ラス・ボヴェダス歩道など歴史を色濃く残す建築が集まっています。ツアーの最後にはアグア・クラーラ・ロックスを訪れ、パナマ運河がどのように機能するのかを見学することができます。


冒険を楽しみたいゲストには一つの大洋からもう一つへと鉄道に乗って移動するトゥー・オーシャン鉄道の旅がお勧めです。カリブ海沿岸のコロンを出発し、パナマ運河の太平洋側までを鉄道で移動します。1時間の旅の途中では様々な風景を見ることができます。クルーズ中の思い出に最適な体験です。

Qué ver en Colón

寄港地観光

    パナマ共和国

    活力あふれる魅力的な国
    活力あふれる魅力的な国

    周囲を取り囲む雲霧林の高地、ヤシの木が生い茂る島々、生き生きとした先住民の文化、中央アメリカで最も活気あふれる首都。パナマへのバカンスでは、小さな国にしては驚くほど多彩な風景に出会えます。

    この細長いヘビのような形の国は、ユニークな歴史を持っています。財宝をロバに積んで運んだ「スパニッシュ・カミノ・レアル」と呼ばれる古い街道や、世界で最も有名な運河を造るために切り開かれた湾など、パナマはカリブ海と太平洋をつなぐ近道として、長く存在感を示してきました。 


    生物学的な交差地点でもあるため、この地峡はアマゾンよりも豊富な植物生物多様性が見られます。 

    国土の小さいパナマでは、見どころの大半にアクセスしやすいことも利点です。 

    パナマへのクルーズでは、古代と現代、人工物と自然が混在する様子を目のあたりにします。巨大なコンピュータ制御のパナマックスのコンテナ船が、蛍光色のカエルや野生の猫などが生息する原始林の中の運河を通過していきます。この原始林から丸木船でわずか30分ほどのところでは、エンベラ族が自給自足の農業を営んでいます。 


    国の周辺地域や人のあまり訪れない内陸地方を訪れると、小さな町や友好的な村、人里離れたエコロッジを基点として、群島未開のジャングルを探検できます。パナマ最高峰のバルー火山からは、太陽が大西洋と太平洋の両方から登るという、非常に特別で圧倒される光景を目にすることができます。