クラレンダイク

ゴト湖
カラフルなウォーターフロント
ワシントン・スラグバイ国立公園

カリブ海、キューバ、アンティル諸島クルーズを検索

クラレンダイク

鮮やかな海の色

クラレンダイクボネール島の首都です。 カリブ海に位置し、オランダの特別自治体の一部でありベネズエラに面しています。

魅力的なカリブ海とその柔らかい砂浜と思わずたわむれたくなる浜辺に面した町によくあるような、休息を平穏を与えてくれるのがこの美しい町です。 MSCクルーズを最大限に活用して、これらの魅惑的な場所を訪れる機会を決して見逃さないでください。 カケティオとアラワクという現地の人々が暮らすこの島はオランダの統治下にあります。 クラレンダイクは港の透明な青い海に面した静かな町で、青々と茂る田園地帯が広がります。

背の低い家屋は色鮮やかで、小さな工芸品店や昔から続く地元の市場からその日に仕入れた魚を使った料理をだすレストランなどがあります。 ベランダ席に座りランチをしながら海を眺めれば、平穏で心休まるひと時をお過ごしいただけます。 ワシントン・スラグバイ国立公園は、ボネール島でも注目のスポットです。この島に生息する有名なピンクフラミンゴなどの生き物や、現地の植物を観察できる自然保護区であり、マングローブの森 を通り抜ければ、もっとも有名なゴト湖を含む塩湖を見渡すことができます。 実際、この島の主な産物は塩で、世界中に輸出されています。

お子様と一緒にできる体験がご希望なら、バタフライエコガーデンを訪れてみましょう。ここでは非常に色鮮やかな蝶が無数に飛び回り、あなたの手にとまろうとする大胆な蝶に出会えるかもしれません。 海でのアクティビティーがお好きな方には、ダイビングやシュノーケリングをお勧めします。カラフルな熱帯魚、心を揺さぶられる黒珊瑚を探してみてください。

Must see places in Kralendijk

Discover our excursions - Book now and save up to 20%

    ボネール島

    塩の島
    塩の島

    オランダの特別自治体の一部であり、ベネズエラに面して、カリブ海のあたたかい、美しい海がその岸辺を包み込んでいます。 MSCクルーズの船の旅なら、ロマンチックな作家の本から直接現れたかのような、神秘的な場所の純粋な美しさを見つける素敵な体験ができるでしょう。
    1499年にスペイン人が発見したボネール島は、カケティオ族アラワク族が住んでいました。 ここは1636年からオランダ領になっています。 オランダ人は塩の生産で島の経済を発展させ、現在もなお塩は最も重要な商業活動の一つです。

    砂の白、空と混じり合う水の青、無数の赤い色合いを持つ夕日、黒珊瑚の森、緑の茂る自然の中、穏やかに休むフラミンゴのピンクといった豊かな色こそがこの島の最高の宝です。 ボネール島の奥地、ワシントン・スラグバイ国立公園にはゴト湖などの塩湖があり、ダイビングスポットでは美しい海洋生物の姿を楽しむことができます。 そして「珊瑚のダム」を意味する首都のクラレンダイクを散策してみましょう。ここには色とりどりの家、魚料理を出すレストラン、そして古い市場が立ち並んでいます。