香港

ハイテク超高層ビル
文武廟
ヴィクトリア・ピーク

MSCグランドボヤージュを検索

香港島

目を見張る都市景観

MSCグランドボヤージュで訪れる香港島は、行政やビジネスの中心地であり、世界最高値の不動産もある全国土の中心地です。

開発は島の北岸沿いに集中し、ヴィクトリア・ハーバー が見渡せる全長6kmの商業地には金融、商業、そしてエンターテイメント地区があります。


その中心部、中環にはハイテクタワーが建ち並び、その西に位置する上環はこれより小規模で伝統的な中国ビジネスが栄える地区です。この地区の背後は、ヴィクトリア・ピークに向かう急な上り坂です。ここから見下ろす眺めは 素晴らしく、著しく混み合う島の北岸、賑わう港湾の向こうの少し低くなった地にある派手さのない九龍と新界の緑の山頂が見えます。香港最古の寺の一つ文武廟も、MSCグランドボヤージュの寄港地観光で皆様が訪れるのを待っています。


1840年の設立当初は慈善施設でした。中央のアトリウムの天井には巨大な螺旋状の香が掛けられ、目に沁みる香りの良い煙が室内を満たしています。港湾沿いに湾仔銅鑼湾方面へと東に移動すると、金融の街は飲食やショッピングの街へと変わっていきます。香港島の南側は島からぶら下がったような半島や小島が海に向かって広がっています。アバディーンスタンレーなど独特の雰囲気やビーチをもついくつもの町が点在し、最もお薦めの町は石澳の小さな辺境の地に面した場所にあります。アバディーンの高速道路の東側の銅鑼湾はレストラン、宿泊施設やショッピング・プラザがひしめく活気に溢れた通りを形作っています。その東側のヴィクトリアパークは、木陰が心地良い小道、スイミング・プールやその他のスポーツ施設を持つ広大なオープンスペースになっています。

Must see places in Hong Kong

寄港地観光

    中国

    前進し続ける国
    前進し続ける国

    中国へのクルーズでは、地理的、民族的、食文化、そして社会的構造が見事に多様化した中国というを発見する素晴らしい機会に巡り合えます。


    人類の歴史でも類を見ない速さで発展し、巨大な都市は壮大な郊外へと広がり、最先端の建築物が立ち並び、拡大し続ける高速鉄道が国内を結んでいます。にもかかわらず、あたかも近代的なものであっても、依然として確固とした文明を基礎としており、4000年以上にわたり変わり続けています。 


    間違いなく、この変化と連続性の間に生まれる緊張とコントラストが、現在の中国を魅力的な国にしています。揚子江の河口近く、中国の東岸を占める上海は、本土で最も西洋化された都市であり、過去にヨーロッパ人が建てたアールデコの建物が立ち並ぶ活気のある港は川沿いのビジネスの中心地であり、超モダンなメトロポリスと肩を並べ、世界で最も高い高層ビルが2つそびえ立っています。 


    ライバルであるビジネスハブ、香港の南岸と上海の街の景観を比較すると興味深いものがあります。植民地の遺産と、真新しいコスモポリタンの様相を兼ね備えた香港なら、素敵なビーチから素晴らしい食事、飲み物まで、観光客の皆様御用達のあらゆるものをMSCグランドボヤージュに提供してくれます。