プエルト マドリン

バルデス半島 
エコセントロ
プンタトンボ

MSC ワールドクルーズ(世界一周)を検索

プエルト マドリン

地球の反対側にあるウェールズ人の街

MSC ワールドクルーズ(世界一周)で訪れるプエルト マドリンの街は、美しく守られたヌエヴォ湾の岸辺にあります。

街の東側に位置するエコセントロは、豊かな海洋生物を見ることができるバルデス半島の生態系の宝庫です。
ウェールズ人が初めてこの地にやってきたのは1865年です。開発は遅々として進みませんでしたが、その20年後に鉄道が敷かれると、プエルトマドリンはチュブト川下流の渓谷に点在する村々の港の役割を果たすことになりました。
イストリコ・プンタ・クエバス公園には、パタゴニアにおける最初のウェールズ人の定住を記念し、ウェールズ人到着100周年とテウェルチェ族に対する敬意を表したテウェルチェ族のモニュメントMonumento al Indio Tehuelche(テウェルチェ族の記念碑)が建てられています。日没時には、この場所から街の明かりで照らされるヌエヴォ湾の美しい風景を楽しむことができます。岬沿いに建つのが、プエルトマドリンの最も重要な観光名所でもあるエコセンターです。この対話型の博物館は、海のエコシステムに対する認識を配慮深く広く伝えています。MSC の日帰り旅行では、海でイルカやアシカを観察したり、バルデス半島とプンタトンボを訪れることができます。
世界で最も重要な海洋特別保護区であるバルデス半島は、1999年にユネスコ世界遺産にも指定されました。この辺りの海洋環境の豊かさには驚かされずにいられません。中でもプエルトピラミデスの街の沖合に毎年回遊してくるセミクジラ、そして半島の険しく岩だらけの崖に生息する動物たちの広大な群棲地も見逃せません。プンタトンボには、この国最大のペンギンのコロニーがあります。黒と白のマゼランペンギンの鳴き声は非常に大きいものですが、街の中を変わった鳴き声でヨチヨチ進むペンギンに囲まれて歩くのは、非常にユニークな体験です。

Must see places in Puerto Madryn

Discover our excursions

    アルゼンチン

    無限に拡がる地平線
    無限に拡がる地平線

    アルゼンチンの広大で変化に富んだ土地には、驚くような自然の不思議が溢れ、世界で最も「熱い」街もあります。



    南回帰線から南極近くまで細長く伸びたこの国には、緑豊かなリトラルの湿地帯や、北西部の乾燥しきったアンデス高地から、地の果てティエラ・デル・フエゴの島々まで、驚くほど変化に富んだ土地が広がっています。 最も象徴的な光景は、パンパの緑豊かな平原と、その名前が逞しい先住民たちの住んでいた吹きさらしの平野を連想させるパタゴニアのドラマチックな草原です。

    アルゼンチンクルーズの人気観光スポットのひとつは、南米各国の首都の中で最も魅力的と言われる巨大都市ブエノスアイレスです。

    ただ散策したり、人々を観察したり、買い物や街の独特な雰囲気に浸るだけでも胸が踊る場所です。

    バリオス (都市の一区域) のひとつは退廃的で古めかしい雰囲気、また別の地区は思い切りモダンであったりと、それぞれが驚くほど個性的です。 

    アルゼンチンの旅では、北西部のコロニアル様式の街並が残る サルタや、チェ・ゲバラ生誕の地ロザリオ、ビーグル水道の美しいウォーターフロントを楽しめる世界最南端の街ウシュアイアを訪れることができます。