ウシュアイア

フエゴ島国立公園
ファグナーノ湖とエスコンディード湖
ビーグル水道の島々

MSC ワールドクルーズ(世界一周)を検索

ウシュアイア

映画のようなビーチと島々

州の観光拠点となるティエラ・デル・フエゴの州都ウシュアイアは、イスラ・グランデの南端に位置します。

丘から湾を囲む土地に向かって伸びる美しい場所にあるウシュアイア。MSCワールドクルーズ(世界一周)はマーシャル山やオリビア山などの山々と海に挟まれたこの街に寄港します。
街は南西からの冷たい風とビーグル水道で発生する嵐から守られています。街の正面にあたるビーグル水道の真ん中に位置し海鳥の生息地になっている小さな島や、近くのフエゴ島国立公園の訪問など、興味深い寄港地観光をご用意しています。ティエラ・デル・フエゴで最も人口の多い街であるウシュアイアは、この地域の自然の風景を看板にした観光産業に大きく頼っています。
20世紀後期に海を見下ろすように建てられた旧公邸は、州政府に続き警察署として使われる前は当時の総督の邸宅でした。今は建築当時の状態に改修され、街の初期の裕福な人々の生活の様子をうかがい知ることができます。世界の果て博物館 には、この地域の歴史、野生動物を中心とした展示、そして1883年に島の東側で難破したイングランドの船、ダッチェス・オブ・アルバニーのカラフルな船首像が展示されています。ウシュアイアの西12kmに位置するフエゴ島国立公園には、630平方kmに及ぶ土地に険しい山々、入り組んだ湖、南部のブナの森、湿地の沼、亜南極のツンドラ、そして緑に覆われた海岸線が広がっています。この公園はビーグル水道から大きなファグナノ湖の北にあるSierra Inju-Goiyinまで、チリとの国境沿いに伸びています。ファグナノ湖とエスコンディド湖へはMSCクルーズの日帰り旅行で訪れることができます。

Must see places in Ushuaia

Discover our excursions

    アルゼンチン

    無限に拡がる地平線
    無限に拡がる地平線

    アルゼンチンの広大で変化に富んだ土地には、驚くような自然の不思議が溢れ、世界で最も「熱い」街もあります。



    南回帰線から南極近くまで細長く伸びたこの国には、緑豊かなリトラルの湿地帯や、北西部の乾燥しきったアンデス高地から、地の果てティエラ・デル・フエゴの島々まで、驚くほど変化に富んだ土地が広がっています。 最も象徴的な光景は、パンパの緑豊かな平原と、その名前が逞しい先住民たちの住んでいた吹きさらしの平野を連想させるパタゴニアのドラマチックな草原です。

    アルゼンチンクルーズの人気観光スポットのひとつは、南米各国の首都の中で最も魅力的と言われる巨大都市ブエノスアイレスです。

    ただ散策したり、人々を観察したり、買い物や街の独特な雰囲気に浸るだけでも胸が踊る場所です。

    バリオス (都市の一区域) のひとつは退廃的で古めかしい雰囲気、また別の地区は思い切りモダンであったりと、それぞれが驚くほど個性的です。 

    アルゼンチンの旅では、北西部のコロニアル様式の街並が残る サルタや、チェ・ゲバラ生誕の地ロザリオ、ビーグル水道の美しいウォーターフロントを楽しめる世界最南端の街ウシュアイアを訪れることができます。