ダーウィン

歴史的建物
リッチフィールド国立公園
テリトリー・ワイルドライフ・パーク

MSC ワールドクルーズ(世界一周)を検索

ダーウィン

オーストラリアのフェニックス

歴史が浅いながらも活気に溢れた国際都市ダーウィンは、ミッシェル通り 沿いにバーが並び、街中のトロピカルな公園やウォーターフロントを楽しむランナーやサイクリストを目にします。MSC クルーズ船で向かいましょう。

ダーウィン は驚きに満ちた街でもあります。オーストラリアでも最も急成長を遂げている街には異なる民族がうまく調和した人口136,000人の住人が生活しています。
この街を深く楽しむなら、歴史的建物魅力的な自然を訪ねたり、美味しい東南アジア風料理をお試しください。
MSC ワールドクルーズでは、ダーウィンから滝や森林に満ちたリッチフィールド国立公園へと向かう日帰り旅行に出かけることもできます。街のはずれのクロコダイルズ公園は、少し離れた美しい テリトリー・ワイルドライフ・パーク と合わせて、アウトドアを一日楽しむには最適な場所です。
近代的な 州議事堂 はこの街で最初に訪れる場所として最適です。ノーザンテリトリーで最も印象的なこの建物は、想像力を掻き立てるデザインが特徴的です。建物を支える柱の爆弾に似た形は戦争中にダーウィンが体験した不幸な歴史を追悼するものです。セキュリティコントロールを抜け、広々とした中央広間に入ると、そこはオリジナルの紋章から砂漠の花のモザイクまで、ノーザンテリトリーを連想させる物であふれています。サイクロン、空襲、そしてシロアリがダーウィンの多くの古い建物を破壊してしまいましたが、貴重な建築物がいくつか残っています。
州議事堂からそれほど遠くない場所に建つガバメントハウスは、元の公邸をシロアリが食べ尽くしてしまった後、1970年代に復元されたものです。クリーム色の波型の屋根と鉢植えのヤシの木が際立ってエレガントな熱帯の建物は、ノーザンテリトリー行政官の公邸として使われています。

Must see places in Darwin

Discover our excursions

    オーストラリア

    コントラストの大地
    コントラストの大地

    オーストラリアへのクルーズは他のどの先進国よりも想像力を刺激します。 ほとんどの旅行者にとってオーストラリアとは、のんびりとした暮らしと終わらない夏、広大な大地での冒険、ジョークとビールが溢れる国、為せば成るの精神とフレンドリーな国民性でしょう。 オーストラリア人が自分たちの国をラッキーカントリーと呼ぶのも不思議はありません。

    国土の大部分を占める中央、西オーストラリアには、見るものを圧倒する乾いて真っ平らな、古代から少しも変わらない風景が広がっています。 それとは対照的に、19世紀半ばに作られたばかりのこの国の街は、喧騒と若いエネルギーで湧き上がっています。

    オーストラリアの休日は、その象徴的な風景アウトバックの広大で伝説的な砂漠を見ずには終われません。この砂漠はグレートデヴァイディング山脈の西側からこの国の内陸部へと広がっています。 鮮やかな青い空、シナモンのような赤土乾ききった峡谷という地質的な特徴は、この土地のユニーク野生動物と同じくらい風変りなものです。 この内陸部の厳しい環境から、現代オーストラリアは海岸国家とならざるを得ませんでした。 人口のほとんどがクイーンズランド南部から南東のアデレードへと伸びるアーチ状の地域の海から20キロ以内の場所で生活しています。