バルパライソ

町の色彩鮮やかな建築物
ビニャ・デル・マール ビーチリゾート
キンタ・ベルガラ公園

MSC ワールドクルーズ(世界一周)を検索

バルパライソ

A waterfall of colours

4000km以上続くチリの海岸線で、ロカス・デ・サント・ドミンゴとロス・ビロス間の短い区間が、最も旅行者が訪れ、また発展している商業地です。リトラル・セントラルとして知られるこの250kmにおよぶ区間は、いくつもの湾を越えてもなお続く豪華な白い砂浜と海岸沿いのリゾートタウンが自慢です。

バルパライソとビニャ・デル・マールは、商業地の中心地近くで隣り合っています。地理的には隣接していますが、この2つの都市は外観と雰囲気においては正反対です。

ビニャはチリの最大かつ最も高級なビーチリゾートです。高層ビルにはカジノ海に面したレストラン、加えてレニャカ近くにはビーチクラブ があり、ビニャは現代快楽主義の象徴となっています。
一方、ユネスコ世界遺産リストにも登録されている都市バルパライソは、より個性があり、今にも倒壊しそうな色鮮やかな家々が、丘から海(いわゆる"ビーチ"はありませんが)に向かい雑然と広がっています。
 
「バルポ」にはチリの主要な港かつ海軍基地があり、またおそらく、この国で最も陽気で 活気ある都市と言えるでしょう。 ナイトライフ最高のシーフード は、週末になるとサンティアゴの多くの人たちをバーやレストランに引き付けます。
ビニャ・デル・マール付近のビーチリゾートもまた同様です。砂浜を求めるなら、南か北へ向かってください。
 
「アウトピスタ・デル・ソル」(78号線) を通って行ける、サンティアゴから最も近くにあるのは、バルパライソの南、より賑やかで発展したリゾートです。ビニャ・デル・マールで時間を過ごしたくなるビーチ近くのスポットの一つに、素晴らしいキンタ・ベルガラ公園があります。よく手入れされた敷地は、異国情緒ある無数の輸入植物の生息地です。ビニャのメトロ駅裏のプラザ・ベルガラから南へ2ブロックのところに位置するこの公園は、未来風のアンフィテアトロも手伝い、その中心的存在として年に一度の音楽フェスティバルの拠点にもなっています。

Must see places in Valparaiso

Discover our excursions - Book now and save up to 20%

    チリ

    ムーンバレーとワイン
    ムーンバレーとワイン

    雪を頂くアンデスの山々と太平洋に挟まれているチリは、数多くの素晴らしい植物と動物たちを守っている美しい国立公園と保護区によってアウトドアアクティビティ自然愛好家にとっての楽園です。

    MSC ワールドクルーズ(世界一周) は、チリとペルーの国境ののアリカからチリとアルゼンチンの国境のプンタアレナスを結ぶ全長4,300 km以上にもおよぶ、細長く伸びたこの国の先端へとお連れします。
    クルーズ中にラウカ国立公園内の標高4,000から6,000mの高地にある山道や、アタカマ砂漠の魅力的なムーンバレー、あるいはロス ラゴス地域の火山や緑に覆われた景色 (ヨーロッパのアルプスに非常に似ています) など、世界で最も乾燥した砂漠を目にすることはないでしょう。しかし、パタゴニアの荒野やイースター島のラパヌイが彫った巨像などを楽しむ機会ならあります。
    MSC の日帰り旅行はチリの首都サンチャゴを訪れます。この街は色とりどりの港 バルパライソのすぐ近くです。この街は、ぶどう園で有名なコルチャグア渓谷やスキーリゾートがある中央の渓谷に位置しています。