マルセイユ

情緒あふれるビューポール
名勝ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院
ファロ宮殿からの眺め

地中海クルーズを検索する

マルセイユ

マルセイユからのアヴィニョンとエクサン・プロヴァンス

今日の天気

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

マルセイユからのアヴィニョンとエクサン・プロヴァンス

クルーズ計画の手始めに、マルセイユ、エクサン・プロヴァンス、アヴィニョンの寄港地観光を予約しましょう


フレンチ・リヴィエラ(コート・ダジュール)の壮大な海岸線には、MSCクルーズの地中海の寄港地であるマルセイユがあります。 この雰囲気ある港湾都市は、道路と歴史的建造物の迷路に見られるように、気骨と魅力というユニークな組み合わせで知られています。 マルセイユのカリスマ的なカフェや賑やかなヴュー・ポールからわずか数マイルのところに見事な都市群があります。 セザンヌの発祥の地であるエクサン・プロヴァンスを訪れたり、アヴィニョンの古代の美しさを堪能してください。


MSCクルーズの寄港地観光では、以下のような魅力的な見どころを訪れます。


•唯一無二のノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院 

•エクサン・プロヴァンス 

•アヴィニョン



マルセイユの港は、文化、色、雰囲気が今でも必見の場所です。 MSCクルーズの寄港地観光は、芸術、建築、料理に満ちあふれた個性的な世界へとゲストを誘います。 港とその主要なランドマークである、1853年から1864年の間に建設された、ネオ・ビザンティン様式のノートルダム・ドゥ・ラガルド寺院を探索します。頂上からは、街と深い青色の地中海の素晴らしい景色を眺めることができます。 貴族的なボレリー城と庭園に沿った、マルセイユの海岸沿いの散歩することをお忘れなく。 マルセイユの旧港で時を過ごす前に、町の中心部にあるロンシャン宮殿をご覧頂きます。


MSCクルーズの寄港地観光で、南フランスの町エクサン・プロヴァンスを訪れましょう。 古代ローマ神殿の遺跡の上に建てられた、サン・ソーヴール大聖堂の宗教的建造物を探索します。 太陽神アポロを称えるこの豪華な装飾が施された建物は、ロマネスク様式、ゴシック様式、バロック様式の特徴を備えています。 次に、17世紀に建てられた蜂蜜色の邸宅のあるフォー・ドルフィンズ・ファウンテン(4頭のイルカの噴水)とカルチェ・マザラン地区へのハイキングをお楽しみください。


豊かな中世の歴史と洗練された文化を鑑賞するなら、MSCクルーズの寄港地観光で古代のアヴィニョンを訪れてみてください。 この驚くべき都市には、中世のゴシック建築を誇るユネスコ世界遺産のアヴィニョン教皇庁があります。 かつての教皇の住居では、建物のタペストリーやフレスコ画に驚くことでしょう。 その後は、魅惑的な通りを散策し、フランスのブラッスリー・レストランでランチをお楽しみ頂きます。

Must see places in Marseille

寄港地観光

    港へのアクセス

    マルセイユ港

    マルセイユ港へのアクセス方法駐車場情報のご案内

    クルーズターミナル情報:

    Embarkation stands at MPCT,
    Môle Léon Gourret (Gate 4)

    アクセス方法

    • マルセイユクルーズターミナル
      Môle Léon Gourret, Marseille Europort - 13016 Marseille

      車
    • 電車

      マルセイユ・サン・シャルル駅に到着後、タクシーでクルーズ・ターミナルまでお越しください(所要時間15~20分)。 

      バスはクルーズターミナルから遠く離れた場所に停車するため、お勧めしません。

      電車
    • 飛行機

      マルセイユ・プロヴァンス空港は港から約20kmのところにあります。 

      クルーズ・ターミナルへはタクシーをご利用ください。

      飛行機

    フランス

    個性あふれる、気高き国の魅力
    個性あふれる、気高き国の魅力

    南フランスの休日で、この世のものとは思えない体験を。 南フランスはまるでエデンの園。雪を頂くプレアルプスの連峰と山麓に囲まれ、東は地中海、西はローヌ川近くまで広がります。


    沿岸地域は、森林に覆われた険しい丘陵地帯が広がり、海岸線は、ほのかなきらめきを放つ岩だらけの断崖に囲まれた細くて深い入り江が延々と続く、カランケと呼ばれる小さなフィヨルドのような地形を形成しています。 これらすべてが、まるで魔法のような地中海の輝きに彩られ、一層の魅力を放ちます。 南フランスは、春と秋がベストシーズン。やわらかな太陽の光と鮮やかな色彩に包まれた風景は、まるで舞台芸術のよう。一つひとつの風景がまるで計算されたように、最小限の照明で、最大限の輝きと色彩を放っています。 南フランスを巡るクルーズは、リビエラ海岸の中心都市、ニースを訪れる絶好の機会。この街には、明るく魅力あふれるイタリア文化と、素晴らしい芸術が花開いたベルエポックの華やかさが共存しています。

    街の東には、コルニッシュ(Corniche)と呼ばれる断崖道路が3本延びています。一番低い場所を通るコルニッシュは、絵画のように美しい海辺の街、ビルフランシュ、サン・ジャン・カップ・フェラ、ボーリューを通っています。その上を通る2本のコルニッシュは、ヨーロッパ随一の絶景を誇る海岸道路で、美しい入り江の村、エズと小さなモナコ公国へと続いています。 リビエラ海岸の西側には、このエリアで最も美しいビーチが点在し、きらびやかなジュアン・レ・パンや、華やかなデザイナーショップと映画祭で有名なカンヌがあります。