ジブラルタル

エウローパ岬灯台
アッパー・ロック自然保護区
尻尾のない野生猿

地中海クルーズを検索する

ジブラルタル

ジブラルタルの寄港地観光を予約して、クルーズの計画を始めましょう

壮大にそびえ立つ一枚岩で有名なジブラルタル英国海外領土は、MSC地中海クルーズの中で人気の目的地の一つです。スペインの南海岸、イベリア半島の先端に位置し、中世ムーア人によって開拓されました。岩の上からジブラルタルの街、ジブラルタル海峡、モロッコのアトラス山脈の景色をお楽しみください!または、ウォーターフロントにてアフタヌーンティーを楽しむ前に、町を探索してパラディオ様式建築物を是非ご覧ください。


MSCクルーズの寄港地観光では以下を含む場所を訪れます:


・エウローパ岬灯台

・アッパー・ロック自然保護区

・尻尾のない野生猿



MSCクルーズの寄港地観光ツアーでジブラルタルの町で最も人気な観光地の1つであるラ・ファロラ(灯台)を訪れてみてください。 1841年に建てられたこの歴史的な灯台は、海抜約49メートルに位置します。次に、アッパーロック自然保護区へ向かい、サン・マイケル洞窟を散策します。自然の驚異を感じる洞窟内では、石筍と鍾乳石そして大聖堂を模様した部屋をご覧いただけます。その後、活気に満ちたアッパータウンエリアへ移動し曲りくねった小道などを散策してみましょう。カラフルな建物を見たり、英国風のパブに立ち寄ったり、メインストリートにてショッピングをお楽しみください。


岬をなす一枚岩の石灰岩、ジブラルタルの岩は伝説のヘラクレスの柱の2つあるうちの1つと言われています。MSCクルーズの寄港地観光ツアーではこのジブラルタルの最南端にあるヨーロッパ・ポイント(エウローパ岬)に移動します。アッパーロックでサン・マイケル洞窟を散策し、先史時代から使用されていると言われている石灰岩でできた部屋などを観覧頂けます。洞窟内にある大聖堂は現在講堂になっており、鍾乳石と石筍の印象的な景色を眺めることができます。その後、ケーブルカーで岩の上へ。岬と美しい海につながるアフリカ大陸に至るまで、息をのむ絶景をご覧頂けるでしょう。


ジブラルタルはご家族でのお出かけに最適な場所です。このツアーではお子様が存分に楽しめるようになっています。ヨーロッパ・ポイント(エウローパ岬)での写真撮影の後に、素晴らしいアラメダ植物園を訪れ、豊富な植物や木々と共に園内を冒険します。ケーブルカーに乗って人気観光地の一つであるサルの巣窟へ向かい、野生のバーバリマカクサルの群れに会いにゆきましょう。その後、岩の上に登り、壮大なパノラマを眺めながら、レストランやバーでドリンクや軽食をお楽しみ頂けます。

Must see place in Gibraltar

寄港地観光

    ジブラルタル

    イギリス領ヘラクレスの柱
    イギリス領ヘラクレスの柱

    ジブラルタルクルーズのハイライトは、言うまでもなくその珍しさ。岬にそびえる奇妙な岩山、ザ・ロックはまさに絶景。一方、イギリスの最後の海外領土の一つとしての存続は危ぶまれています。

    ジブラルタルは、その長い歴史のほとんどを、2つの世界に挟まれながら、どちらにも支配されることなく過ごしてきました。 この街は旅人の好奇心を刺激します。特にコスタ・デル・ソルの観光ブームの影響を受け、観光地としてユニークな発展を遂げています。 皮肉にも、この近年の観光開発により、はっきりと分かれていたスペインとイギリスの2つの社会のバランスが揺るぎはじめ、同時にイギリス色が濃くなってきました。

    1980年代、スペインとの国境再開に伴い高度経済成長時代を経験したジブラルタルですが、現在では経済成長は滞りぎみ。そしてイギリスの海外領土としての将来性については、ジブラルタルの住民の否応にかかわらず、スペインとの関係がより緊密になることはほぼ疑いありません。 それでもジブラルタルは、イギリスの領土であること、そしてすべてイギリスの社会制度を維持することにこだわり続けます。 MSCクルーズの地中海クルーズでジブラルタルを訪れると、一般的なイメージとは異なるジブラルタルの素顔に出会えます。ここの住民はスペイン人でもなければイギリス人でもありません。彼らはジェノバ人、ポルトガル人、スペイン人、モロッコ人、ユダヤ人、マルタ人、そしてイギリス人を祖先に持つ混血民族であることがわかります。