モンテカルロ

モナコの旧市街 ”ル・ロシュ”

ニース市街

中世の村 エズ

地中海クルーズを検索

モンテカルロ

モンテカルロとフレンチリビエラでの寄港地観光を予約して、クルーズの計画を始めましょう

華やかなフレンチリビエラにある独立国モナコは、裕福や著名な人々の遊び場です。この快楽主義者の楽園には、豪華なウォーターフロントのレストラン、数々のスーパーヨットが停泊する港、そしてF1グランプリがあります。カジノ・モンテカルロ、モナコ大公宮殿、見事なラルヴォットビーチ、その他にもニースの素晴らしい海岸やエズ村の中世な街並みなど、海岸沿いの魅力ある場所はMSC北欧クルーズの寄港地であるモンテカルロから車ですぐです。


モナコは、モンテカルロ、旧市街のモナコ=ヴィル、フォンヴィエイユ、ラ・コンダミンヌという4つの異なる地区で構成されています。


MSCクルーズでは以下の様な忘れらない寄港地観光を提供しています:


• モナコの旧市街 “ル・ロシェ” 

• ニース市街

• 中世の村 エズ


MSCクルーズの寄港地観光で地中海の日差しのもと、華やかなモナコへの日帰り観光をお楽しみください。海岸沿いに広がる美しい旧市街「ル・ロシェ」を探索しましょう。 モナコの曲がりくねった古い通りには、モナコ大公宮殿やハリウッド王室のグレース・ケリーとレーニエ3世が埋葬されているモナコ大聖堂があります。最後に、通り沿いのデザイナーブティックでのショッピングやカフェでラテを飲みながら自由時間をお楽しみください。


MSCクルーズの寄港地観光で栄光の街、ニースを探索して街のランドマークであるプロムナード・デ・ザングレを散策しましょう。見事なロシア正教会ロココ様式のファサードと優雅なヤシの木がある素晴らしいホテルネグレスコをご鑑賞ください。ニースの歴史地区を散策したり、活気あるサレヤ広場を訪れたり、賑やかな屋外カフェで軽食をとる等、思い思いにお過ごしください。 ニースの文化、街並みの色、歴史、これらに喜びを求める人にとって完璧な1日となるでしょう。


中世の魅惑的なエズ村MSCクルーズの寄港地観光で発見しましょう。風光明媚なモイエンコーニッシュ道路を旅し、コート・ダジュールの壮大なパノラマを眺めましょう。フレグランスに興味があれば、1926年に設立された有名なフラゴナール香水工場の特別ガイド付きツアーをお楽しみ頂けます。ここでは、高級フレグランスのコレクションを購入する前に、香水製造の工程を学ぶことが出来ます。

Must see places in Monte Carlo

寄港地観光

    Monaco

    A great little state
    A great little state

    The tiny independent Principality of Monaco, no bigger than London’s Hyde Park, has been in the hands of the autocratic Grimaldi family since the 13th century, save for the two decades following the French Revolution, and in theory would become part of France were the royal line to die out.

    When you’re on a cruise to Monaco it’s easy to understand how the last hundred years the principality has lived off gambling, tourism and its status as a tax haven. Among its inhabitants, French citizens outnumber native-born Monegasques.

    Along with the Pope and the house of Liechtenstein, Prince Albert II is one of Europe’s few remaining constitutionally autocratic rulers. A holiday to Monaco is like taking a stroll along the Mediterranean. The three-kilometre-long state consists of several distinct quarters.

    The pretty old town of Monaco-Ville around the palace stands on the high promontory, with the densely built suburb and marina of Fontvieille in its western shadow. La Condamine is the old port quarter on the other side of the rock; Larvotto, the rather ugly bathing resort with artificial beaches of imported sand, reaches to the eastern border; and Monte Carlo is in the middle. French Beausoleil, uphill to the north, is merely an extension of the conurbation – the border is often unmarked and always easily crossed on foot.