バールクルーズ

シュコダル湖と自然の公園
バールの旧市街にあるPalace of King Nicholas(ニコラス王の宮殿)
バドヴァの小さな宝石

地中海クルーズを検索

バール

バールとその周辺のツアーを予約して、クルーズの計画を始めましょう

バールは歴史的な海岸沿いの町で、オスマン帝国時代に建てられた16世紀の石造りの水道橋が横切る静かな渓谷に広がっています。 息をのむような山々、砂浜、透き通った海がこの魅力的な地中海クルーズの目的地を囲んでいます。 旧市街の遺跡、2000年前のオリーブの木、ニコラ王の宮殿を探検してください。 バールは、コトル、ウルチニ、シュコダル湖、ハイ・ネハイ要塞など素晴らしい場所への玄関口でもあります。 


MSCクルーズの寄港地観光では、次のようなエキサイティングなものをたくさん楽しめます。 


• オールドバールとオールドウルチニ 

• コトル旧市街 

• シュコダル湖 


バールから魅力的なMSCクルーズのツアーに参加して、かつての海賊の町、オールドウルチニの城のような中世の集落を訪れます。 印象的なバルシッチタワー、ヴェネツィア宮殿、かつての奴隷市場をご覧いただけます。 次に古代の城壁に囲まれた町スタリバールへ行き、東洋と地中海の建築を融合させた魅力的な丘の上の遺跡を訪れます。 土産物店を見て地元のレストランを訪れた後、トルコ風呂、ローマ時代の水道橋、司教の宮殿を探検します。 


MSCクルーズの寄港地観光の一つでは、紀元前1000年までさかのぼる中世の街コトルの要塞都市を訪れます。 ユネスコの世界遺産に登録されているコトルでは、数多くのランドマーク、山と湾の景色、豊かな文化の歴史を見ることが出来ます。 12世紀の聖トリュフォン大聖堂、海洋博物館、聖ニコラス正教会を探索してください。 バールに戻る前には、地元の商品を購入したり、軽食をとったり、町の美しいエリアをお楽しみ頂けます。 


豪華なヴィルパザル村への寄港地観光を予約し、バルカン半島で最大の湖であるシュコダル湖の自然のままの美しさを探検してください。 ユネスコの世界遺産に指定されたこの驚異的な水域は、保護された国立公園です。 その豊富な海岸、入り江、半島、岬は、鳥や魚などの珍しい種の自然保護区になっており、自然愛好家にとって必見の場所となっています。 観光中には、美味しい地元の料理、ワイン、ジュースの試飲もお楽しみ頂けます。

Discover our excursions

    モンテネグロ

    未知の宝石
    未知の宝石

    正式にはツルナ・ゴーラ(Crna Gora)と呼ばれるこの小さな国は、イタリア名モンテネグロとして知られています。 英語で「黒い山」を意味するこの名前は、少し暗いイメージがありますが、実際はカラフルな色彩溢れる風土に恵まれています。

    年間を通じて花畑に彩られるモンテネグロ。この国を包む深い山々は、松の木やブナ、カバの木の濃緑色に染まり、その山肌をトルコブルーに輝く小川が走り抜け、真っ青な静寂の海へと流れ込みます。地中海沿岸の海岸線は、砂浜の黄色と火山岩の灰色に縁取られ、まるで絵に描いたような褐色屋根の家々が身を寄せ合います。モンテネグロでの休日は、ポストカードから抜け出してきたような風景に出会うことができます。

    地中海沿岸の街は、観光客に人気がありますが、モンテネグロで最も美しい宝石は、感動を呼ぶほどに風光明媚なコトルです。この街は、フィヨルドのように入り組んだ入り江の先を少し内陸部へ入った場所に位置しています。 海辺の街ブドヴァも、もうひとつのハイライトです。ここでは時間をとってスタリバール遺跡群も訪れましょう。

    海岸線を離れた見どころは、山間部に集中しています。特にドルミトール国立公園では、感動的な自然美が目の前に広がります。かつてモンテネグロの首都であったツェティニェも訪れる価値があります。現在の首都、ポドゴリツァは観光客の数は少ないですが、独特の魅力を湛えています。