タリン

トーンペア城とアレクサンドル・ネフスキー大聖堂
ラヘマー国立公園
エストニア民族野外博物館

北欧クルーズを検索する

タリン

タリンでの寄港地観光を予約して、クルーズの計画を始めましょう

フィンランド湾に位置する首都タリンは、エストニア文化の中心です。このMSC北欧クルーズの目的地には、中世の城壁、ゴシック様式の広場や教会、魅力的な石畳の通りがあります。


MSCクルーズの寄港地観光では次を含む見どころをご用意しています:


• トーンペア城とアレクサンドルネフスキー大聖堂 

• ラヘマー国立公園 

• エストニア民族野外博物館



タリンの旧市街を見下ろす石灰岩の丘の上に立つトーンペア城は、今日のエストニアの国会議事堂がある9世紀の巨大な要塞です。何世紀にもわたって幾度も改装されたこのお城には、13世紀と14世紀の形状と高さ46メートルの象徴的なピックヘルマンタワーが現在も残されています。MSCクルーズの寄港地観光ではトーンペア城を訪れた後にアレクサンドル・ネフスキー大聖堂へ向かいます。1900年に完成したこの建物は、素晴らしいモザイクや壮大な宗教的アイコン、11の鐘を持つ塔で有名です。


エストニアの北海岸にあるラヘマー国立公園は、重要な松林と湿地の保護地域です。MSCクルーズの寄港地観光では、自然の中のプールや動植物が見られるヴィル湿原をハイキングします。そして19世紀に再生されたエストニアで最も古い領地の一つであるコルガ荘園を訪れます。その後、広大な森林に覆われたプフヤ・クルヴェマー自然保護区を探索します。ヘラジカ、イノシシ、クマを見ることができるかもしれません!


タリンの西にある海岸沿いのロッカアルマーレ地区には巨大なエストニア民族野外博物館があります。MSCクルーズの寄港地観光では、18-19世紀の農村建築を見ることができる素晴らしい森林公園を訪れます。農場、校舎、製粉所、礼拝堂、消防署を歩いて見ることができます。どの年代の方も楽しんで一日をお過ごし頂ける場所です。

Must see places in Tallin

Discover our excursions

    エストニア

    スパに彩られた中世の街
    スパに彩られた中世の街

    MSCの北欧クルーズで訪れるエストニアは、都会と荒涼とした大地、中世と近代が混在する国。歴史が刻まれた古城とカラフルなデザインが都会の風景にしっとりと溶け込んでいます。


    公共交通機関が充実しているので、観光も便利。ハイテク産業が盛んな活気溢れるこの国の人々は、旅人にも親切です。 古い世代の人々は、ソ連の占領下にあった時代のあつれきを今も背負っていますが、若い世代の人々は、人種の枠を超えて自由に交流を図っています。 エストニアの首都タリンは、中世の面影が残る美しい旧市街と活気溢れるシティライフが魅力。そしてエストニア第二の都市タルトゥは、若々しいエネルギーがみなぎる大学の街です。 パルヌは、美しい白砂のビーチが広がるバルト海沿岸の人気のビーチリゾート地。 手軽に楽しめるスパ、サーレマー島を望む美しい古城、そして手つかずのままの自然が残る田園風景が魅力です。首都タリンの郊外に広がるラヘマー国立公園では野生の自然美を満喫できます。

    夏のエストニアは、ウィンドサーフィンやカヤック、カヌー、海水浴などウォータースポーツのメッカ。 エストニアの本土をはじめ、サーレマー島ヒーウマー島など島の沿岸部は、ハイキングやサイクリング、乗馬を楽しむ人々で賑わいます。 エストニアの国土のおよそ20%は自然保護地。4つの国立公園と数多くの自然保護区で構成され、多種多彩な野生の動物や鳥たちの生息地となっています。